• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「生き方の軸」を見つけるには

2013年5月27日

日経WOMAN Networkingフォーラム2013講師・田中ウルヴェ京さん

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 2013年6月22日に開催する「日経WOMAN Networking フォーラム2013」。今回も各界のトップランナーの方々が登壇します。そこでフォーラムを前に、ご登壇いただく講師の方のお話をご紹介します。今回は、五輪メダリストでメンタルトレーナーの田中ウルヴェ京さんです。『日経WOMAN』の人気連載「ハッピーWOMAN養成講座」から、悩めるアラサ―女子へのアドバイスをお伝えします。

◆お悩み
30歳になっても生き方の軸が見えません

相談者:市川由美子さん
(仮名・30歳・社団法人・事務)

 派遣社員として、社団法人で一般事務をしているのですが、毎日決まったルーチンワークに正直うんざりしています。残業がなく、時間の自由が利く一方、給料や将来性は不安定。30代に入り、周りは結婚したり、キャリアを磨いたりと前進しているのに、自分だけが取り残されるようで焦りを感じます。生き方の軸を見つけたいと思っているものの、20代の頃のように新しいところに飛び込む勇気もなく、モヤモヤとしています。

市川 派遣社員として働いています。仕事はほぼ定時で終わりますが、毎日単調な事務作業を繰り返す生活にうんざりです。この先ずっと同じ日々が続くと思うと憂鬱だし、派遣社員という不安定な立場で働き続けることも心配です。

田中 漠然とした将来への不安を抱えていらっしゃるのね。

市川 20代の頃は一カ所にとどまらず、様々な経験をして刺激を受けたいと思って、いくつも仕事を変えてきました。でも、30代になって周りが結婚したり、正社員として着実にキャリアを積んでいるのを見ると、“何の軸もない自分”が取り残されたような気になってしまって…。

田中 今現在、結婚したいという気持ちはあるの?

市川 いずれはと思っていますが、彼もいないし、すぐにしたいわけではありません。結婚すると今の単調な生活に家事が加わって負担が増すだけという気もするし、自由気ままな時間を奪われたくない。今はそれなりにひとりの生活を楽しんでいるんです。会社帰りに突然、日帰りで温泉地に行くこともあります。

田中 本来行動的なのに、単調な事務作業でエネルギーが余り、不完全燃焼になっている感じね。1日で一番長い仕事の時間に「私らしくない」と思っていると、楽しいことに飛びつきたい感覚が助長されるんです。だから、結婚も“ルーチン化は嫌だ”と前向きに捉えられない。

市川 そうかもしれません。

田中 いつからこういう思考になったのかな。一度、人生を振り返った「ライフライン」を作ってみましょう。まず、縦軸に幸福度、横軸に年齢を取る。そこに、これまでの人生でうれしかった出来事や悲しかった出来事を思い出し、“そのときどう感じたか”を、折れ線グラフの要領で記入してみて。

市川 (書き終わって)なかなか難しいですね…。私はあまり感情がないので、抑揚がない形になってしまいました。

縦軸を幸福度、横軸を年齢とし、自分の人生を波形のグラフに書き表してみる。市川さんのライフラインは凹凸が少ないのが特徴

田中 実は、多分そうなるだろうと思って書いてもらったんです。今、「私は感情がない」とおっしゃったけれど、喜怒哀楽は誰にでもある。ただ、それを押し殺して自分を封印している場合があるの。市川さんもきっと、人生のどこかでやりたいことを我慢したり、諦めたりした経験があるんじゃないかな。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
働き方

Topics

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 4月号

    「忙しい働き女子の片づけ&収納」を大特集。狭いのに広々として見える部屋のルール、お金が貯まるクローゼット整理術など、働き女子884人のスッキリ部屋のヒミツを公開。さらに「ディズニー、Google、コクヨはどこが違うの? 一流・二流・三流の仕事術」を紹介します。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 4月号

    話題の開脚ストレッチができずに、あきらめた。毎日ストレッチをしているけど効果は微妙で、このまま続けていいのかわからない―。そんな悩みを解決しようと、専門家に徹底取材。「現代女性に必要な本物のストレッチ」をご紹介します。

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 1月号

    「日経DUAL」1月号は「パパ四天王の凄い両立テク」と「私たちが働く理由」の2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「子どものしつけは“動物の調教”ではない 」「生稲晃子 乳がんで5回手術、公表せず仕事続ける」「難関中学の入試ってどんな問題が出るの?」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版