• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

女のひとり暮らし、防犯の鉄則8カ条(2/3)

2013年4月12日

自分の身は自分で守る! 女ひとり暮らしの防犯対策

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

その3 夜道を歩くときは周囲の状況に気を配る

 「一般に下を向いて歩く人が多いのですが、これでは周りの様子が分かりません。姿勢よく歩き、前方、左右に誰かいないか、後方からつけてくる人はいないか、自転車、バイクなどがついてきていないか、常に注意しながら歩くことが大切です」(佐伯さん)。

 ヘッドホンやイアホンをして、音楽を聴きながら夜道を歩くなどはもってのほか。周囲の状況が全く把握できなくなるからだ。「夜道が怖いからと、携帯で話しながら歩いていて男性に狙われた人もいます。そもそも、携帯の会話からは“個人情報”が周りにいる人に漏れてしまっているという危機感を持たなければいけません」と佐伯さんは強い口調で諭す。

その4 通勤時は、いつも同じドアから乗り降りしない

 気をつけたいのは夜道だけではない。通勤時にも、例えば電車など「このドアから乗ると乗り換えに都合がよい」とつい同じ場所で乗り降りしがちだが、「いつも同じ場所から乗れば、目を付けられやすい」と佐伯さんは指摘する。乗車位置や乗車時間を毎日ずらすなど、狙われにくい工夫をすることが大切となる。

その5 自分の“個人情報”を無防備にさらさない

 このほか、自宅にピンクのカーテンをつけている、下着や衣服など性別の分かるものを外に干している…など、無意識のうちに自分の“個人情報”を外部にさらしている人が多いが、そうしたことにも注意してほしいと佐伯さんは言う。

 「何度も下着泥棒の被害にあうと相談してくる女性もいますが、何度も被害にあう方がおかしいんです。自分から被害の防止対策をするという意識も持たなければいけません。最近は、部屋の中に乾燥機の機能が付いたユニットバスがある物件も多いですし、トレーナーやタオルなどユニセックスなものは外干しをして、その他のものは部屋の中で乾すというぐらい徹底してほしいものです」(佐伯さん)。

その6 事前連絡のない自宅への訪問者は無視する

 自宅においては、訪問者も要注意だ。「事前に連絡のない訪問者は応対する必要がない」と佐伯さんはきっぱりアドバイスする。「宅急便などがくる場合は、だいたい心当たりがあるはずですし、出なくても不在連絡票が入るわけですから不安に思う時は応対する必要はありません」。不用意に玄関をあけ部屋に押し入られ暴行事件にでも発展したら、一生悔やむことになりかねない。「悪質な訪問セールスでドアに足をはさまれて、何か買うまで帰らないというケースも多い」と彼女は注意をうながす。

 自宅の防犯は、特に鍵の扱いが重要になる。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 4月号

    「忙しい働き女子の片づけ&収納」を大特集。狭いのに広々として見える部屋のルール、お金が貯まるクローゼット整理術など、働き女子884人のスッキリ部屋のヒミツを公開。さらに「ディズニー、Google、コクヨはどこが違うの? 一流・二流・三流の仕事術」を紹介します。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 4月号

    話題の開脚ストレッチができずに、あきらめた。毎日ストレッチをしているけど効果は微妙で、このまま続けていいのかわからない―。そんな悩みを解決しようと、専門家に徹底取材。「現代女性に必要な本物のストレッチ」をご紹介します。

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 1月号

    「日経DUAL」1月号は「パパ四天王の凄い両立テク」と「私たちが働く理由」の2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「子どものしつけは“動物の調教”ではない 」「生稲晃子 乳がんで5回手術、公表せず仕事続ける」「難関中学の入試ってどんな問題が出るの?」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版