• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

回転寿司、レーン派?それとも注文派?

2013年3月28日

全体では「注文派」が圧倒的という結果に

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
多く食べるのはレーンのネタか注文で握ってもらうネタか
多く食べるのはレーンのネタか注文で握ってもらうネタか
誰と一緒に食べに行くことが多いか
誰と一緒に食べに行くことが多いか
何皿くらい食べるか
何皿くらい食べるか

 マルハニチロホールディングスは、月に1回以上回転寿司店を利用する15歳から59歳の男女1000人を対象に実施した回転寿司に関する調査結果を発表した。

 回転寿司店でレーンを流れているネタと、注文して握ってもらうネタでは、「流れているネタ」を食べる方が多いと答えた割合が21.4%だったのに対し、「注文して握ってもらうネタ」を食べる方が多い人は61.1%で、圧倒的に「注文派」が多かった。その傾向は関東(注文派は68.6%)の方が関西(同53.6%)より強い。

 回転寿司に誰と一緒に行くことが多いか尋ねると、「配偶者」(52.4%)、「子供」(45.5%)、「父母(義父母)」(39.5%)と家族がトップ3を占め、以下「友人・知人」(25.3%)、「恋人」(11.5%)が続いた。

 回転寿司店で食べる量は何皿くらい(寿司以外のメニューも含む)か聞いてみると、「6―10皿」(56.3%)と答えた人が最も多く、「11―15皿」(26.7%)が続いた。全体の平均は「9.9皿」で、女性の平均は「8.7皿」、男性の平均は「11.2皿」だった。

 回転寿司をデートコースに使うことに、「アリ(肯定)」と答えた人は68.0%、「ナシ(否定)」は32.0%で肯定派が否定派を大幅に上回った。男女別では、「アリ」の割合は女性が71.8%と、男性の64.2%より多かった。特に20歳代女性は肯定派が84.0%にのぼった。

 デートコースに回転寿司を使う場合、パートナーにこれだけはやってほしくないと思うことは、1位が「一度取ったお皿を戻す」(74.6%)、2位が「香りの強い香水をつけて入店する」(66.1%)、3位は「ネタだけ食べてご飯(シャリ)を残す」(63.4%)だった。

■関連情報
・マルハニチロホールディングスのWebサイト www.maruha-nichiro.co.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
暮らし方お買い物・節約術グルメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ