ほとんどの衣類が眠っている
ほとんどの衣類が眠っている
[画像のタップで拡大表示]
[画像のタップで拡大表示]
[画像のタップで拡大表示]

 ブランド品買取サービス「ブランディア」を運営するデファクトスタンダード
は、女性の衣料品に関する実態調査を実施した。その結果、クローゼットの中の
衣類は約7割が着られていないことが明らかになった。

 20歳以上の女性1174人に、服、靴、バッグについてそれぞれ所有している数と
普段使っている数を尋ね、普段使っていない割合を算出したところ、服では68
%、靴では69%、バッグでは68%となった。

 約7割の服が使われなくなる要因としては、「似たような服を新しく買った」
「サイズが合わなくなった」「クリーニングから戻ってきたまま忘れていた」な
どが考えられるが、特に「トレンドに合わせてシーズンごとに衣料品を買いた
い」という女性の購入意欲の高さが影響していると、デファクトスタンダードは
分析する。

 使わなくなった衣料品の処分方法は、「捨てる」(76%)が最も多く、次いで
「リサイクルする」(60%)、「友人に譲る」(36%)と続いた。クローゼット
に眠っている衣料品の整理はほとんど引越の機会に限られるため、不要になった
衣料品の処分方法をじっくり検討するひまもなく捨ててしまっているようだ。

 使わなくなった衣料品の点数を聞くと、服が平均57着、靴が平均15足、バッグ
が平均11個だった。これをブランディアのカテゴリー別平均買い取り単価で計算
したところ、約13万円となった。

■関連情報
・ブランディアのWebサイト brandear.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント