• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ほうれい線にも!美に効くツボマッサージ

2014年5月23日

アバウトでOK!手軽なツボマッサージで、体をいたわって

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 キレイも! キャリアも! ハッピーも! ――。日経グループは、働く女性のための総合イベント「WOMAN EXPO TOKYO 2014」を5月24日(土)~25日(日)、東京ミッドタウンで開催。すべての女性のために役立つ情報を、講演、セミナー、トークショー、展示などリアルの場で提供します。それを記念し、同ステージで「東洋医学的『めぐり』のいいカラダ」と題して講演を行う、柳本真弓さんの記事をご紹介します。鍼灸院を開業し、1カ月に200人以上の患者さんを診ているという柳本真弓さん。体調を整えてキレイになる「簡単なツボ押しのコツ」を教えていただきました。

プロフィール
柳本真弓(やなもと・まゆみ)さん
はり、きゅう、あんま、マッサージ指圧師。目白鍼灸院院長。1973年広島県出身。同志社大学卒業後、専門学校で東洋医学を学び、2007年に開業。NHK Eテレの美容番組「きれいの魔法」にも出演。来たる5月24日(土)11:00~11:30にWOMAN EXPO TOKYO 2014(東京ミッドタウンホール)に登場する(事前登録はこちら

――今の女性は疲れていますか……。

柳本はい、とても。激務で、ストレスも多く、みんな疲れていますね。

 今は勤務時間の大半がパソコンの前、という人も多いと思いますが、オフィスで長時間座ったままでいるとどうなるかというと、腰や足など下部が冷えて、上の部分にある顔や頭がほてる、という状態になります。その結果、目やのどが渇き、顔がほてる、頭が熱い、といった症状が表れます。人によっては、髪が薄くなる、という方もいらっしゃるんですよ。

――髪が薄く…! そんなことがあるのですか。

柳本そうなんですよ。動かないと気・血のめぐりが悪くなって、いろいろな不調につながるのです。

 特に良くないのが、そけい部(脚の付け根)を圧迫したままの状態が続くこと。下着やガードルがそけい部に食い込まないよう、気をつけていただきたいですね。

 どうしても足がむくみがちになるので、時々立ち上がって動いてください。足首を回すだけでも違います。私はサポートハイソックスをはいているのですが、こうしたものもいいですね。

 また、1日の終わりに足(体の下部)を温めて、体内の“気をかき混ぜる”ことを、ぜひ行っていただきたいと思います。

――肩凝りの人も多いですよね。

柳本大半の人が肩凝りですね。肩や首をほぐすことは、美容上も大切です。

 私の鍼灸院には、たるみ改善や小顔など美容目的でいらっしゃる方も多いのですが、まず、肩や首をほぐすことから始めます。

 なぜかというと……。肩や首が凝っていると、顔の皮膚や筋肉が下に引っ張られて、たるんでしまいます。凝っている部分の緊張を緩めることで、顔を“元の位置に戻す”わけです。

――なるほど! 肩凝り対策は、美容にもいいんですね。ところで、そろそろ春の気配が近づいてきましたが、季節の変わり目には体も変わるんですか?

柳本その通りです。冬は寒くて体も固まっています。“冬眠”状態ですね。それが、春になり、草木が芽吹いてくると、体も“動きたいモード”になってきます。

 体が硬いままだと、エネルギーの出口がありません。すると、それが「穴」や「動いているところ」に一気に出やすくなります。鼻や目などがその代表です。花粉症やめまいなどの症状は、一つの表れだとも言えます。

 このくらいの時期から、体をほぐして、「春になったよ、起きなさい」と体に知らせてあげることが大切ですね。ストレッチや足先を温めたり動かしたりすることで、気のめぐりをよくしましょう。ツボを押して刺激してあげるのもいいですね。

――さっそくそうしたいと思います。ツボの刺激ですが、マッサージだけじゃなくて、鍼も受けた方がいいのでしょうか。

柳本マッサージでも鍼でもかまいません。鍼は即効性があります。一方、マッサージは、手軽に自分でもできますので、できるときに少しずつ続けることで効果が期待できます。今は、自分で貼れるシール式の鍼もありますので、こうしたものを利用していただいてもいいと思います。ドラッグストアやネット通販、鍼灸院などで買えます。

 よく「正確なツボの位置がわからなくて」という声を聞きますが、だいたいの場所でOKです。「押して気持ちのいいところ」と考えてください。

 そもそも「ツボ」といっても厳密にピンポイントで場所が決まっているわけでもなく、体調が悪くなると大きくなったり、体の状態が変わると移動したりするものなんですよ。

 ですので、マッサージするときは、ツボの辺りをゆっくり押せばいいですし、鍼シールも、硬い場所、押すと痛い場所、気持ちいい場所に貼ればいいのです。

 ぜひ、忙しい働く女性の皆さんには、体をいたわる時間をもっていただきたいですね。

 ★次ページから、「ツボマッサージのコツ」と、「顔のくすみやほうれい線に効くツボマッサージ」をご紹介します(柳本さんの著書『NHKきれいの魔法 保存版 美に効くツボ』より)

輝くすべての女性のための総合イベント
「WOMAN EXPO TOKYO 2014」

日時:2014年5月24日(土)~25日(日)

場所:東京ミッドタウン ホールA・Bにて
事前登録すると豪華商品が当たる抽選会に参加できます。
◆詳細はこちらから→ http://expo.nikkeibp.co.jp/woman-expo/

■■柳本真弓さんのステージ■■

■日時 2014年5月24日11時~11時半
■場所 東京ミッドタウン ホールA 会場内ステージ
■トークショーテーマ 「東洋医学的『めぐり』のいいカラダ」
■概要
輝く美肌は気血水のめぐりから。今自分が持っている機能を最大限に利用する、それがツボと経絡を使った美容法です。東洋医学的な考え方と、オフィスでできる優しいツボ刺激やめぐりを促進する座り方など、気血水の流れをその場で体験できる簡単な方法をご紹介します。(入場無料)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
カラダの悩み・病気スキンケア

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 11月号

    特集:1年後、私が劇的に変わる!「すごい手帳のコツ300」【特別付録】その1:アフタヌーンティーコラボ オリジナル万年筆 /その2:冊子『まんがで分かる!お金がどんどん増えるルール』」

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 11月号

    特集 ゆがみ解決!たるみも消える!10日間体幹リセットで美姿勢!腹ペタ!別冊付録 脱・むくみ体質 リンパ流しバイブル」

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 10月号

    「日経DUAL」10月号は「ウチの子にぴったりな進路はどれ? 受験&進学総覧」「企業で人生成功させる必須6条件」2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「不妊治療 顕微授精では精子の質的低下を補えない」「伝説のコーヒー店『カフェ・バッハ』女店主が作る子ども向けおやつ」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ