• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

相手の呼び方で、夫婦満足度が異なる

2011年9月8日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
普段家での配偶者の呼び方
普段家での配偶者の呼び方
他人に話すときの配偶者の呼び方
他人に話すときの配偶者の呼び方
呼び方と夫婦満足度の関係
呼び方と夫婦満足度の関係

 夫婦は家でお互いを名前やニックネームで呼ぶことが多く、外では「嫁さん」「旦那さん」が多い。また、名前やニックネームで呼ぶ人ほど夫婦間の満足度が高いことが分かった。

 20歳―60歳代の男女に、普段家での配偶者の呼び方を尋ねたところ、男性の1位は「名前、または名前にちなんだニックネーム」(48.4%)で2位は「お母さん/ママ/おかあちゃんなど」(31.2%)。女性の1位は男性と同じく「名前、または名前にちなんだニックネーム」(46.6%)で、2位は「お父さん/パパ/おとうちゃんなど」(37.6%)だった。

 年代別では男女とも若いほど「名前、または名前にちなんだニックネーム」が多く、20歳代男性は81.0%、女性は75.0%と約8割を占める。女性は年齢層があがるほど「お父さん/パパ/おとうちゃん」が増えるが、男性は「お母さん/ママ/おかあちゃん」と呼ぶ人は40歳代をピークに以降は減少し、代わって「おい/ねえ」が増加する。

 外で他人に話すときの配偶者の呼び方は、男性では1位が「嫁/嫁さん」(33.6%)で、「名前」「家内」(いずれも10.0%)が続いた。女性は1位が「旦那/旦那さん」(33.6%)、2位が「主人」(28.6%)、3位が「お父さん/パパ/おとうちゃん」(9.6%)だった。

 互いの呼び方と夫婦間の満足度の関係を調べてみると、男性で夫婦の関係に満足していると答えた割合は、相手を「名前、または名前にちなんだニックネーム」で呼んでいる人では81.4%で、「お母さん/ママ/おかあちゃん」と呼んでいる人の71.8%を9.6ポイント上回った。一方女性は、「名前、または名前にちなんだニックネーム」で呼んでいる人の満足度は77.3%で、「お父さん/パパ/おとうちゃん」の62.2%より15.1ポイントも高かった。

 調査は、リクルートのブライダル総研が首都圏、東海、関西に在住の既婚者および離婚経験者1200人を対象にアンケートを実施し、集計した。

■関連情報
・リクルートのWebサイト www.recruit.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ