• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

結婚・出産後も働きたい、女性の4割半

2010年8月5日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 現在未婚で働いている女性の半数弱は、結婚・出産後も働きたいと考えている。一方、男性は結婚・出産後の女性に働いてほしいという人が6割超と、さらに多い。女性が働き続けたい理由は「社会とかかわり続けたい」がトップだが、男性が女性に働き続けてほしい理由は「自分だけの収入では経済的に厳しいから」が圧倒的で、男女の意識にずれが見られる。ユーキャンとアイシェアが調査結果をまとめた。

 女性は結婚・出産後に「働きたい」という回答が46%、「収入にゆとりがあるなら専業主婦になりたい」が50%、「ゆとりがなくても専業主婦になりたい」が4%。

 働き続けたい人の理由は「結婚後も家庭だけでなく社会とのかかわりを持ち続けたいから」が25%でトップ。「仕事が好きでずっと続けていきたいから」が21%でこれに次ぎ、「家事と子育てだけだと息が詰まると思うから」「自分で自由にできるお小遣いがほしいから」がそれぞれ16%と続いた。「配偶者だけの収入では経済的に厳しいと思うから」との回答はわずか5%にとどまった。

 男性の場合、配偶者の女性に結婚・出産後も「できれば働いてほしい」という回答は55%、「絶対働いてほしい」が8%。一方「できれば専業主婦になってほしい」は34%、「絶対専業主婦になってほしい」は3%。働いてほしい理由は「自分だけの収入では経済的に厳しいから」が42%%と断トツ。次いで「結婚後も家庭だけでなく社会とのかかわりを持ち続けてほしいから」が26%だった。

 ちなみに、結婚・出産後も働きたい女性が、結婚予定の男性から専業主婦になるよう希望を受けた場合は、「専業主婦にならなくてすむよう説得する」が50%、「この男性の結婚をやめて別の男性と結婚する」が18%で、半数以上が了承しない考え。

 逆に専業主婦を希望する女性が、結婚予定の男性から働くよう希望を受けた場合は「割り切って働く」が77%、「イヤイヤ働く」が8%と、大半が承諾する考えだ。

 この調査は7月16―20日の期間にインターネット上で実施し、男性2217人、女性1243人から回答を集めた。

■関連情報
・ユーキャンのWebサイト http://www.u-can.co.jp/

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
働き方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ