• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ウーマン・オブ・ザ・イヤー2010
表彰式&祝賀パーティリポート

2009年12月14日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

2009年に活躍した女性たちが一堂に介して
会場は熱気と感動に包まれた

 WOY2010の表彰式はテレビ東京・末武里佳子アナウンサーの司会で始まり、麓幸子・本誌編集長が「今、日本は元気がありませんが、そんな中、こうして活躍している女性たちを紹介できるのは嬉しいこと。女性が頑張れば男性が、そして会社や国まで元気になると信じています」と挨拶。続いてヒットメーカー部門、キャリアクリエイト部門、リーダー部門の受賞者が発表された。

 ヒットメーカー部門受賞者からは開発、企画、営業、販売に携わった多くの社員や支持してくれた顧客に感謝する発言が続き、「物づくりに携わる者として、これからも本当に顧客に喜ばれる物を手がけていくのが定年までの夢です」(日本ロレアル・仙石亜希子さん)と、今後も顧客に喜ばれる商品開発を続けていく意気込みも感じられた。

 キャリアクリエイト部門では「入社以来1つの会社で目の前の仕事に取り組んできて、いつのまにか30年が過ぎた。歴史ある会社で私のように愚直にやってきてもこうなれるという例だと感じてくれればうれしい」(日本郵船・和崎陽子さん)、「20年間主婦をしてこの歳で政治家になり、このような人生の展開もあると希望や可能性を感じていただけたらうれしいです」(山形県知事・吉村美栄子さん)など、地道に頑張ってきた女性たちからは心からの喜びの声が聞かれた。

 リーダー部門ではオーガニックコットンで作った着物姿で登場したアバンティ・渡邉智惠子さんが「昨今は安い洋服がたくさん出回っていますが、環境にも人にも犠牲のないファッションをメード・イン・ジャパンにこだわって作っていきたい」と語り、欠席となった仙台市長・奥山恵美子さんからは「消費者相談を担当し、毎日のように多くの市民と悩み走り回った5年間を思い出しました。今回の受賞は自分がやってきたことは間違っていなかったと感じられ大きな励みになりました」とメッセージが寄せられた。リーダー部門を審査したジェイ・ボンド東短証券の斎藤聖美さんは「リーダー部門受賞者の平均年齢は50.8歳。この年代で綺羅星のごとく活躍する女性を選べて光栄でした」と、アラ還(還暦前後)でも後ろ向きにならずに活躍する女性たちを称えた。

 最後に発表された今年の大賞受賞者は都市計画プランナーの西郷真理子さん。「年とともに町のよさが失われ衰退に苦しんでいる。町作りは住民が主人公なので、“都市計画を市民の手に”という方針で今後も受賞を励みに頑張っていきます」と熱く語った。

受賞者と審査員の皆様、福島みずほ大臣にも参加いただき、記念写真を撮影しました

 式には内閣府特命担当大臣・福島みずほさんも列席し、「日本社会はまだ女性活用がうまくできていないので、全国のすばらしい女性をロールモデルとして表彰していることに敬意と感謝を申し上げます。誰もが生き生きできる社会を作れるように、内閣府も楽しく元気に施策をやっていきます」と元気に挨拶し、会場を盛り上げてくれた。

 会場を移して行われた祝賀パーティでは、昨年の大賞受賞者の白井恵美さんから西郷真理子さんに花束が贈呈された。02年に大賞を受賞した枡一市村酒造場のセーラ・マリ・カミングスさんが9月生まれの赤ちゃんを連れて登壇し、「皆さんの活躍はまぶしい限り! でも仕事だけでなく家族も大切にしましょう」と中締めの挨拶をすると会場は温かい笑いに包まれた。受賞者や参加者が「今度、一緒に何か企画しませんか」「似たような分野なので接点を持ってやっていきませんか」と新たなビジネスの可能性を探る場面も見られ、パーティは華やかな熱気と今後の希望を感じさせるひとときとなった。

表彰式ではまず、編集長の麓幸子よりご挨拶。その後、各部門の発表がスタート
ヒットメーカー部門に入賞した5人の皆さん
ヒットメーカー部門受賞者の方々へ、審査員の中央大学大学院教授・田中洋さんより賞状を授与。右は、完全ノンアルコールビールテイスト飲料「キリンフリー」を開発したキリンビール梶原奈美子さん。「いつかウーマン・オブ・ザ・イヤーの受賞者になりたいと思っていたので、感激です」
キャリアクリエイト部門に入賞した5人の皆さん
キャリアクリエイト部門受賞、総合3位に輝いた、ファイザー執行役員の清村千鶴さんへ、同部門審査員のキャリアネットワーク会長・河野真理子さんより賞状を
リーダー部門に入賞した6人の皆さん(仙台市長の奥山恵美子さんはご欠席。写真左端は代理の方)
リーダー部門受賞、総合2位に輝いた、クックパッド執行役の小竹貴子さん。総合レシピサイトのクックパッドは09年7月に上場。この立役者が小竹さん
リーダー部門審査員ジェイ・ボンド東短証券社長の斎藤聖美さん「景気低迷の中、09年も女性のパワーが輝いていました!」
ウーマン・オブ・ザ・イヤー2010の大賞は、まちづくりカンパニー・シープネットワークの西郷真理子さんに決定。高松、長浜、川越と日本の商店街の活性化を手がけたリーダーです
大賞・西郷真理子さんへ日経BP社常務金子隆夫より、記念の盾を授与。「西郷さんの取り組みは日本の商店街に光明を与えるすばらしい実績」
審査員でウーマン・オブ・ザ・イヤー第一回大賞の、バンダイ取締役・松永真理さんから、西郷さんへお祝いの言葉
「日本の街は本来すばらしい機能を持っていた。これを生かし、住民の皆さんと一緒に街づくりを進めて行く。日本古来の塗料“漆”のように、使い込めば使い込むほど味わいがでる、そんな街づくりを目指す」と大賞受賞の喜びを語る西郷さん
福島大臣も「西郷さんのご活躍はすばらしい。地方商店街の活性化、コミュニティーの再生は国会でも重要テーマ。ますますのご活躍を」と激励

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ウーマン・オブ・ザ・イヤー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 9月号

    特集「着ない服から心のイライラ、仕事のムダまで、ぜ~んぶ、スッキリ!『1分で捨てる!新習慣』」。第2特集「貯めてる女子はやっている!お金の裏ワザ130」。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 9月号

    たるみ・脂肪・ゆがみ…“お腹ぽっこり”″の悩みをすべて解消!「朝夜5分で下腹を凹ませる」方法を総力特集♪

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 8月号

    「日経DUAL」8月号は「100年ライフに備える共働き家計」「仲良しセックスレスはいいこと?悪いこと?夫婦のスキンシップ」2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「竹内薫 娘のためにトライリンガル学校を設立」「西原理恵子 妻も夫も『愛してる』って言おうよ」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ