• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

伝える力が磨かれる9つの習慣を身につけよう

2015年9月25日

これをするだけで相手の反応が驚くほど変わる!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

今月の日経ウーマンからの特集は「なぜか仕事がうまくいく女性の“引き寄せ力”のヒミツ」を全5回にわたりお伝えいたします。最終回の本日は、「伝える力が磨かれる9つの習慣を身につけよう」です。「かつては意見を言うのも議論するのも苦手だった」と言う狩野みきさんが、欧米の学校での教え方をヒントに編み出した、“世界で通用する”9つの伝え方のコツを教えてくれました!

1. とにかく結論を先に言う

 意見を伝えるときの最重要情報は結論。「相手が話のポイントをつかみやすくするためには、まず結論から先に言うこと。相手が忙しいときでも、大事なことを簡潔に伝えることができます」

2. 相手に合った話し方で話す

 相手の年齢や職業、バックグラウンドなどを考慮した言葉を選ぶこと。「相手の理解を第一に考えて、分かりにくいかもしれないと思う話題は別の例などに切り替えることが大切です」

3. ダラダラと話を続けない

 この話がいつまで続くのかと相手に感じさせるのはNG。「相談が3つあります」などと、最初に告げてから話し始めよう。話の途中でも「根拠は2つあります」などと示しながら話すと効果的

4. 大事な個所は繰り返す

 話したことのすべてを相手が覚えているとは限らないので、大事な部分は何度も伝えるようにして。表現を変えるか、「先ほどの繰り返しになってしまいますが」と前置きするのがおすすめ

5. 断定的な口調は避ける

 「絶対にAにすべきです!」と断定的に意見を言われると、相手の人は反感を覚えてしまうことも。「説得力のある内容であれば、『Aだと思うのです』という表現でも相手に響きます」

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ