• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ゆっくり食べるだけ!ダイエット

2014年12月26日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

最新の研究で、よくかんでゆっくり食べると、消費カロリーが増えることがわかりました。

実際、ゆっくり食べる人ほど体脂肪率も低いのです。

運動しなくてもダイエットにつながる「ゆっくり食べるだけ! ダイエット」のコツをご紹介します!

 「食べるのが早い人は太るというのは本当です」といって、東京工業大学大学院社会理工学研究科の林直亨教授が見せてくれたのが下図。林教授らの実験では、同じ食品を早く食べたときとゆっくり食べたときでは、ゆっくり食べたときのほうが食後の消費エネルギー(食事誘発性熱産生=DIT)が多いことがわかった。

 ポイントはかむ回数だ。ゆっくり食べると、かむ回数が多くなる。かむ回数が多いほど胃や小腸に血液を送る動脈の血流量が 増え、その結果、DITが大きくなるという。「1回の食事の後に消費されるカロリーは小さいが、1年間積み重ねれば、体脂肪1.5kg分を消費する計算。300kcalの栄養補助食品でこの結果なので、日常の食事なら効果はより大きくなるだろう」(林教授)。

 女性を対象に、おにぎりで行った別の実験では、食べるのが遅い人ほど体脂肪率が低い傾向があることもわかった(下図)。あなたの食べる速さはどうだろう。まずはおにぎりをどのくらいの時間で食べているか振り返ってみよう。「ゆっくり食べるだけ! ダイエット」のコツを紹介する。


この人に聞きました
林 直亨教授
林 直亨教授
東京工業大学大学院
社会理工学研究科 人間行動システム専攻

早稲田大学大学院人間科学研究科博士課程中退、医学博士(大阪大学)。大阪大学助手、カリフォルニア大学デービス校客員研究員、九州大学健康科学センター准教授などを経て、2013年から現職。専門は運動生理学、応用生理学、健康と運動・食生活。

「これ以上の情報をお読みになりたい方は、日経ヘルス誌面でどうぞ。」

取材・文/平野亜矢(編集部) 撮影/鈴木 宏(モデル) モデル/原 歩美 スタイリング/椎野糸子
ヘア&メイク/依田陽子

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ヘルス&ビューティダイエットカラダの悩み・病気メンタルヘルス健康レシピ・食材メイクアップスキンケア健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ