• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

 

  • 第1回

    「産んで働き続ける」ために必要なこと

    いつか子どもを産んで、仕事も続けたい。出産していない読者の8割がそう考えています。カラダづくり、産みどきの見極めから情報収集まで、私たちが産んだ後も自分らしく働き続けるためのルールをご紹介!

    (2014/09/22)

  • 第2回

    仕事と出産のベストなタイミングって?

    女性の20~30代は、出産に最も適した年代。けれど同時に、キャリアの土台を築く大事な時期でもあります。働き女子の“産みどき”について、考えてみました

    (2014/09/24)

  • 第3回

    産めるカラダをつくる習慣

    出産はまだ先のことと思っている人も、“いつか産みたい”と思ったときのために、カラダを整えておきたいもの。ライフスタイルや体調に合わせた、産めるカラダづくりの方法を紹介します

    (2014/09/24)

  • 第4回

    カラダの冷え&ゆがみはNG!

    カラダの血の巡りが悪いのが、冷えのもと。女性の体質などに詳しい南雲さんは「最近は特におなかの中から冷え切っている女性が多いと感じます。原因は、食べ物や生活習慣、洋服の薄着や露出など。こうしたことに気を付ければ、冷えは改善できます」と言う。体内から冷えた状態が続くと、妊娠・出産の大切な器官である子宮や卵巣の働きも鈍り、不妊の原因になることもある。

    (2014/09/25)

  • 第5回

    生活、栄養、婦人科系の病気もしっかりケア

    不規則な生活リズムは、カラダのストレスとなり、自覚はなくても、カラダのリズムを乱す原因になる。「人間はストレスで突然、倒れたりはしません。けれど細かいストレスが蓄積されて、不調という形で出現します」(丸山さん)。こうした不調は、月経前症候群や月経不順にもつながるので、早めに改善しよう

    (2014/09/26)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
関連キーワードから記事を探す
ライフ恋愛・結婚人間関係の悩みお買い物・節約術整理・収納ファッショングルメエンタメ旅行・お出かけ暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ