• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「女性が活躍する会社Best100」1位は資生堂

2014年4月7日

日経ウーマン「企業の女性活用度調査」発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 働く女性のキャリアとライフスタイルを応援する女性誌『日経WOMAN』(発行:日経BP社)は、今年も4年連続で「企業の女性活用度調査」を実施。『日経WOMAN』5月号(4月7日発売)誌上にて、総合ランキングBest100を発表しました。同調査は『日経WOMAN』が、1988年の創刊時から不定期で実施しているもので、今回で12回目を迎えます。

 企業における女性社員活用の実態を1.管理職登用度2.ワークライフバランス度3.女性活用度4.男女均等度の4つの指標で測定し採点。それらを合計して算出した総合得点を偏差値化し、総合ランキングを作成しました。結果概要は次の通りです。

『女性が活躍する会社』 総合ランキング Best10
*表示された偏差値が同じで順位が違う場合は、小数点2位以下で差があります

 今年はセブン&アイ・ホールディングス(7位)とイオン(9位)が総合ランキング10位内に初めてランクインし、流通業界の躍進が目立ちました。上位企業では女性の活躍の場を広めるために、管理職の育成・登用やダイバーシティ推進に積極的なケースが多く見られました。

 また、各企業の“女性活用”の中身をより詳しく分析するため、総合ランキングに加え、4つの「部門別ランキング」も作成しました。それぞれの部門の評価ポイントならびに各部門1位~10位の企業は以下の通りです。

【管理職登用度】部門
~女性役員の有無や、管理職に占める女性の割合などを評価

 今回の調査では、女性管理職比率の全体平均は8.0%で前回(2013年)調査の8.4%とほぼ変わらない結果となりました。上位10社すべてに生え抜きの女性役員がいたほか、10社中5社で女性管理職比率が20%を超え、7社で女性役員比率が10%を超えました。2位の日本IBMでは日本国内のみならずグローバルで活躍できるリーダーの育成に力を注ぎ、候補となる女性を役員などの上層部が選定し、昇進・昇格の実現を後押しする「スポンサーシップ制度」を導入。JTBではメンター制度を導入し経営職候補者を育成するなど、優秀な人材に対して個別にキャリア支援をする動きが高まっています。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
PC・スマホ働き方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ