• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

心と体を軽くするリラックス朝ヨガ

2013年10月14日

柳瀬けい子さんに聞く「リラックス朝ヨガ」術

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

40代から50代の女性に起こる一大イベント、“閉経”。

女性ホルモンの分泌が激減し、女性の体と心に大きな影響を及ぼします。

57歳にして自然な若々しさを保っている柳瀬けい子さんに、

自らの閉経の経験に基づいた、心と体を軽くするヨガを教わりました。

 50代からは、閉経前後に起こる更年期をうまく乗り切ることが大切だ。更年期というと、月経周期の乱れやのぼせ、ほてりなど体調の変化に目が向きがちだが、「むしろイライラやうつうつといった心の“波”を安定させることの方が、日常生活を送る上で重要。そのために瞑想(めいそう)やヨガを上手に取り入れて」と、57歳のヨガ&アーユルヴェーダセラピストの柳瀬けい子さん。柳瀬さん自身、40代から基礎体温を測るなどして自らの更年期を観察。すでに更年期を乗り越えたうえでの結論のようだ。

 瞑想やヨガを行うと呼吸や動きに集中するため、心を悩ませている雑念から解放され、イライラやうつうつが軽減する。さらに、ヨガのポーズには凝りや痛みなどの不調を改善する効果も。アラフィーの女性にはぜひ習慣にしてほしい。

柳瀬けい子さんのカラダ&心ヒストリー
ヨガ&アーユルヴェーダセラピスト
柳瀬けい子さん
無理なく行えて美容と健康に効果がある「柳瀬式ウェルネスヨガ」を提唱。「AYUR SPACERAKU」(東京都港区)を主宰し、幅広い年齢層にレッスンを行う。著書に『全身アンチエイジングヨガ』(日経BP社)など。

20代
20歳でヨガを習い、23歳から教え始める。25歳で結婚し、2人の女の子を出産し充実した日々を送る。

30代/離婚し精神的にダメージ
33歳で夫と別居、38歳で離婚し、精神的に追い込まれる。40歳から更年期を乗り切る準備を始める。

40代後半/本格的な更年期に入る
冷えやむくみを感じ、精神的に落ち込みやすくなる。48歳ごろから月経が乱れ、更年期に。52歳で閉経。

現在57歳
ヨガを続けることで、不眠やイライラを克服しながら更年期を抜け、現在は心身ともに安定。

リラックス朝ヨガの2つのメリット

イライラ・うつうつの解消
深い呼吸を繰り返すことで、リラックスに関連する脳内物質・セロトニンの分泌量が増え、気持ちが安定する。

凝り解消と姿勢改善も
肩や腰の筋肉をストレッチするので凝りが解消。お腹や背中の姿勢に関わる筋肉を目覚めさせるので、姿勢も良くなる。

1日10分でも効果を実感!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ