• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

1分でできる!朝コルギ基本の7ステップ

2013年3月18日

韓国式小顔矯正マッサージ「コルギ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

起きると顔がむくんでパンパン、目は腫れぼったくて顔色が悪い……。

そんなときにお薦めなのが、韓国式の小顔矯正マッサージ・コルギ(骨気)。

骨と筋肉を同時に刺激して血行やリンパの流れを良くして、顔をすっきりさせます。

本来は人にやってもらう方法ですが、今回は自分でできるやり方を考案してもらいました。

コルギとは
骨と筋肉に圧力をかけて血流を上げ、骨の位置を矯正する手技。約30年前にイ・ビョンチョル氏が研究・開発した韓国発祥の民間療法で、当初は婦人科系の病気で悩む女性たちの間で人気だった。やがて美容効果が注目を浴び、現在のように小顔や美脚の効果がクローズアップされるようになった。

 即効で小顔になれると話題の韓国式マッサージ、コルギ(骨気)。その特徴は、名前のとおり“骨”にアプローチすること。「コルギは施術者の手の骨を使って、施術を受ける人の顔や体の骨に圧を加える手技です」と、コルギサロン「ARTISAN」の大和眞紀さんと中橋エリナさんは話す。

 骨を押そうとすると、皮膚と骨の間にある血管やリンパ管にも圧がかかるので、血管マッサージ効果で血流がアップ。さらに、リンパマッサージのようなむくみ取り効果も期待できる。

 今回教わった、1分でできる7ステップを通してやれば、むくみが取れて顔全体が引き締まる。目元のむくみも取れて目はぱっちり、鼻も高く見える。

 行うときの注意点は、常に骨を感じること。「皮膚や筋肉だけを動かすのではなく、骨に圧を加えるように」(大和さん)。

 また、力の入れ加減も大切だ。痛気持ちいいと感じるくらい、力を入れること。「骨は圧を加えられることで成長します。また、血液を作る骨髄が刺激されると血流がアップすると考えられます」と大和さん。毎日続けて、血色が良く、一回り小さい顔を手に入れよう。化粧のノリも良くなるはず。

朝コルギのルール

●化粧水やクリームを顔につけて行う
●つめは短く切っておく
●必ず自分で行う

化粧水やクリームを使うと、手の動きがなめらかになってやりやすい。つめが肌に当たって傷つかないように短くしておこう。また、人にやってもらうと力が入りすぎる危険があるので、必ず自分でやること。

Step1
まずは体のむくみ取り
デコルテごしごし

右の拳(こぶし)を胸の中央、鎖骨のすぐ下に当て、左斜め下に向かって強くこする。次に拳を真上の鎖骨下の位置までずらして、左斜め下にこする。再び拳を鎖骨の下にずらしてこする。3回繰り返す。右側も。

手はここを使う

手をグーにして、第一関節と第二関節の間の、第二関節寄りの面を当ててこする。


この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
スキンケアダイエット

Topics

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 6月号

    日経ウーマン6月号は「毎日がうまくいくダンドリ&整理術」を大特集。仕事がラクになる、お金が貯まる…今日から使える時間管理の究極ワザをご紹介します。さらに「お疲れ回復は目のケアが9割!」ですぐにできるケアや眼トレを特集します。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 6月号

    好きなものを好きなだけ食べたい、でも太りたくはない…そう思っている人は多いのではないでしょうか。今号は、ガマンや無理をしなくても、太らない〝魔法のような食べ方″を大特集。専門家が提案する賢い食べ方を取り入れて、一生太らない体を目指しましょう!

  • 40歳から、幸運を引き寄せる習慣
    日経WOMAN soeur(スール)

    「SOEUR(スール)とは、フランス語で「姉、姉妹」という意味です。40代以上の働くおとなの女性を応援する雑誌として2014年12月に1冊目を発行した「日経WOMAN soeur」の3冊目をお届けします。キャリアも体も家族関係も変化を迎える40歳以降。そこで今号ではもっと幸運を引き寄せるためのさまざまな習慣をご紹介します。

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 5月号

    「日経DUAL」5月号は「公立中高一貫校の今」「わが子の気になる発達問題」「共働き家電ベスト5」「スゴ腕人事に公開相談!」と、共働き子育て家族にとっての課題や挑戦、気になるテーマを4つの特集にしてお届けします。みなみ佳菜さんの「復帰後ファッション術」、駒崎弘樹さんの「子どもの貧困を考える」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版