• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

脳の黄金タイムを活用!効率的★朝の勉強法

2012年2月27日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

朝15分の勉強は、夜の45分に値する!?短時間に集中して勉強できるのは、頭が冴えた朝ならでは。

ムリせず続けるコツを紹介します!

自分の仕事を振り返り業務に役立つ“朝勉”を

 「新年、何か学び始めたいなら、朝に行うことをおすすめします」と言うのは、37歳から勉強を始め、短期間でMBAや行政書士などの資格を次々取得してきた臼井由妃さん。多忙な社長業の傍ら“朝勉”でキャリアアップを続けてきた。

 「夜は急な仕事や予定が入ってしまい勉強が習慣化しにくいですし、疲れや眠気でボーッとして暗記力が落ちてしまいます。誰にも邪魔されない朝に、冴えた頭で勉強すると夜の3倍くらい効率的に暗記できますよ」

 まずは早起きの習慣を身に付けよう。とはいえ、これまでより1時間も2時間も前に起床しようと意気込むのは逆効果。「最初は朝15分の勉強時間を確保するために30分早起きしてみる、という程度で十分」と臼井さん。余裕を持って、ゆったりしたスケジュールを組むことを心掛けると、早起きが楽しくなるはず。おいしい朝食や甘いものを買っておくなど、自分を励ます何かを用意するのも有効だ。

 さらに、朝勉の目標を明確にすることも、成功の秘訣。

「『私は何の資格を取ったら良いでしょう?』と聞かれることが多いですが、その際に問い返すのは『あなたはどんなお仕事をしていますか?』ということ。伝票を整理するのか、パソコンをよく使うのか…具体的に自分の仕事を振り返って、業務に直接役立つ資格なり勉強テーマを見つけてみて」

 仕事力(ビジネススキル)だけでなく、人間力(ヒューマンスキル)を磨く時間に使うのもいい。TOEICで高得点を取れたら、次はお茶の作法や手紙の書き方について勉強するなど「趣味や教養に近い学びは、資格を“丸く”生かせます」。

 目標が決まったら、達成するまでの時間を計算しよう。臼井さんは資格勉強の際、自分と同じような境遇(年代、働き方など)で、目標の資格に1回で合格した人の合格体験記を書籍や雑誌で見つけることから始めたという。数名分を読むと、合格までの勉強時間や、使ったテキストなどの傾向が見えてくる。

 「1回で簿記3級試験に合格する!」といったブログも立ち上げることも有効。「周囲に宣言することで、頑張らないと!という気持ちになります」

 忙しい朝だから、「ラジオを聴きながら」「ご飯を食べながら」と“ながら朝勉”をしてしまいがちだが、効率はいま一つ。「15分でもいいので勉強は集中して行うこと。タイマーを使うと時間感覚も身に付きますよ」

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
暮らし方キャリア&スキル

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ