• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

美肌と美髪の寝る前・静脈マッサージ

2011年12月21日

眠っている間に髪と肌が生まれ変わる!?静脈マッサージ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 睡眠時間を“美活時間”に変えるスキンケアのポイントは、大きく分けて二つ。まず肌のバリア機能をサポートすること。そして肌細胞の代謝に必要な栄養を送り届けることだ。

 バリア機能をサポートするためには、化粧水で水分を与えた後、肌の最上層に“シールド膜”を作るのが効果的。乳液やクリームに加え、軽やかな感触に進化した美容オイルやバームなど、油系成分豊富なアイテムでしっかり肌を包みこもう。

 一方、肌細胞の代謝に必要な栄養を届けるには、血流の促進が欠かせない。そのために有効なのが、静脈が流れる肌表面に刺激を与えて促すマッサージ。「顔中に走る血管のうち、特に自力で巡る力のない“静脈”を押し流してあげることで効率良く血流を促進できます」と話すのは津田クリニック副院長・津田攝子医師。

 また肌全体に栄養を巡らせることに加え、日中は目まぐるしく活動する部分に、きちんと栄養を届けることもお忘れなく。「まばたきや会話で休みなく動く目元・口元は、日中ケアがなかなか難しい部分。なかでもまつげは、体毛と同じく睡眠中に毛を生み出す毛母細胞の代謝が進むため、寝る前にたっぷり栄養補給してあげましょう」(髙瀬医師)。

美容液やバームなどの“塗りっぱパック”を効果的に
使いこなす三つのテク

テク1
冷たい手で行わない

冷たい手で触られて“ハッ!”と驚いた経験はない? 肌が緊張を覚えると交感神経が刺激され、血流低下につながる可能性が。手をこすったりお湯に手を入れて、お手入れ前に温めよう。

テク2
こすらず軽く滑らせるように

均一なシールド膜を形成するために、塗布する際は強くこすらないこと。指の腹を軽く滑らせて。手のひらでパックを軽く温めてから塗布すると、肌へのなじみが高まりやすい。

テク3
部屋の湿度を一定に保つ

パックのシールド効果を一晩中キープしたいなら、寝室の“湿度”にも心配りを。特に暖房を使用する場合は、スチーマーを置いたりぬれタオルを干すなどして、室内の乾燥を防ぐ工夫を。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
スキンケアキャリア&スキル

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 5月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 5月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 4月号

なぜか好かれる人の1日5分の新習慣

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ