• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

明日から3倍活用できる手帳の書き方

2014年12月31日

書き忘れや見づらさ…手帳の達人が手帳の悩みを解決

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

せっかく買ったお気に入りの手帳を生かしていますか?

月間と週間を使い分けたい、上手に書き込みたいなど

悩みは尽きないもの。手帳のエキスパートに解決法を聞きました

予定以外も書き込むのが手帳上手への道!

 「マンスリーばかりに書くので、ウイークリーはスカスカ…」と手帳で悩んでいる人は結構多い。

 そこで、日本能率協会マネジメントセンターの矢野真弓さんに解決法を尋ねると、「マンスリーとウイークリーのどちらをメインに使うのかを、仕事のスタイルによって決めます。使っていないほうは“サブ”として、メインとは別の内容を書くのがポイントです」と教えてくれた。

 では、サブのほうには何を書けばよいのだろう。矢野さんは、「メインに仕事の予定を書くなら、サブにはプライベートの予定を(次ページ、画像上)。メインに仕事とプライベート両方の予定を書く使い方なら、サブは体重や食べた物、使ったお金などの記録に使って(次ページ、画像下)」とアドバイスする。

 避けたいのは、メインにもサブにも同じ予定を書き入れること。「片方だけ時刻を修正したり転記し忘れたりする恐れがあります。ダブルブッキングなどのミスを招くので注意して」と矢野さんは促す。

 書くことが思い付かない場合は、日記を書いてみては。「手帳を予定管理や備忘録で終わらせてはもったいない。日記を書いておくと、過去を振り返ったり将来を見据えたりすることにも活用できます」と矢野さん。天気予報や月の満ち欠けなどを書くと、行動計画にも役立つ。

 いずれもすぐに試せる方法なので、手帳上手になるための参考にして!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
お仕事術コミュニケーション術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ