• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

仕事でモテる人のビジネスマナーとは?

2011年4月18日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

仕事を通じて人との出会いを、自分の成長やキャリアにつなげるにはどんな心がけが必要?

仕事でモテる人材になるためのビジネスマナーの磨き方を専門家に聞きました。

重要なのは好印象とコミュニケーション力!

「“一緒に仕事をしてみたい”と思われる条件は社内外とも同じ。好印象とコミュニケーション力です」と人材育成コンサルタントの真山美雪さん。「ビジネスでの“印象”に大きな影響を与えるのは、あいさつと表情、態度、身だしなみと言葉遣い。見かけだけでなく話し方、相づちの打ち方といった立ち居振る舞いも含めて判断されます」

 加えて電話応対、名刺交換の作法も重要。「特に携帯電話世代のフレッシャーズは、名乗らない、相手を確認しないなど電話応対が苦手な人が多い」と真山さん。次ページに電話対応や言葉遣いなど、知っておきたい4つのマナーの基本をまとめたのでおさらいしてみて。

 コミュニケーション力では「意見を上手に伝えることはもちろん、相手を理解する力も重要」と美道家の西出ひろ子さん。真山さんも「ビジネスで求められるのは、“察する力”。言われたことだけでなく、相手が本当に望んでいることは何かをくみ取る力が、仕事力の差につながります」と指摘する。

 一方で、どこまでの配慮が求められるのかは、仕事上の立場によって違ってくる。それを考える上で西出さんが提案するのが、武士道に言う「守(しゅ)・破(は)・離(り)」をビジネスマナーにあてはめること(下参照)。「新人時代は、基本マナーをしっかり“守る”。中堅になるといい意味で型を“破り”、個性を発揮することが評価につながる。マネジャークラスになれば、マニュアルを“離れ”自分のカラーでビジネスを展開しなくてはなりません」(西出さん)。新人・中堅・マネジャーの立場別に、特に意識したいポイントを教えてもらった。

「社外の人だけでなく、同僚も自分の会社もマナーの相手」と西出さん。「相手の役に立ちたいとの思いで仕事をすれば、マナーは磨かれる。一生懸命やれば、思いがけない出会いや仕事が巡ってくると思いますよ」

マナー美人3つのステージ


指導者の教えをしっかり学び、それを反復することによって基本をしっかりと身に付ける段階のこと。ビジネスマナーの基本を体得し、それを守ることが求められる


指導者からの教えを守りつつも、自分の個性や特性を生かすべきときには基礎の型を破り、個性を発揮していく時期。基本を抑えたうえで個性を打ち出すことが重要


「破」のステージで体得した自己流のやり方を究めていく。ビジネスでいえば、自分流のリーダーシップを発揮してチームを引っ張ることが求められる段階

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ