• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【多汗症】急に汗がひどくなったら注意

2010年7月8日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
暑くなると汗が出る仕組み
皮膚には外気温を、脳(視床下部)には体内の温度を感じるセンサーがある。この二つのセンサーからの温度情報を脳が判断して、体の内部の温度を一定に保つために発汗量を調節する。夏になると、体の外も内も温度が上昇するので、脳は交感神経を刺激し、汗腺からの発汗を促す。一方、ホルモンの分泌異常などで代謝が高まったり、自律神経のバランスが乱れると、“暑さ”とは関係なく発汗するようになる。

 汗を多くかくので、夏は憂うつという人も多いだろう。しかし、汗は人の健康を維持するためには、なくてはならない大切な役割を果たしている。

 「人が汗をかくのは、体表から汗を蒸発させることで熱を逃がして体温を下げるため。汗をかくことで、効率的に体の中の温度を一定に保ち、生きるために最も重要な組織である“脳”を守ることができる」と早稲田大学人間科学学術院の永島計教授は説明する。

 体には、“暑さ”を感じるセンサーが二つある(右図参照)。一つは、体外の温度を感知する皮膚。もう一つが体内の温度を感知する脳(視床下部(ししょうかぶ))。

 これらのセンサーからの情報で体の温度を下げる必要があれば、脳は自律神経の一つである交感神経の働きを活発にして、汗腺からの発汗を促す。暑くなるほど、体温を下げるために大量の汗が出る。また、日ごろから運動するなど汗腺が鍛えられている人ほど発汗しやすい。

甲状腺機能亢進で発汗
動悸やイライラも

 こうした仕組みからではなく、たくさんの汗をかく病気が「多汗症」だ。多汗症には、ただの汗っかきでは済まされない重篤な病気や不調のサインが現れていることが少なくない。

 代表的な例が、甲状腺機能亢進(こうしん)症(バセドウ病)などのホルモンの分泌異常だ。「甲状腺機能亢進症では体中の代謝を促進する甲状腺ホルモンが過剰に分泌されるため、全身に多くの汗をかく。代謝が高まることから、多汗だけでなく動悸(どうき)や体重の減少、イライラといった症状が現れるのが特徴」と五味クリニックの五味常明院長は話す。このほか、副腎や脳下垂体(のうかすいたい)などホルモン分泌を司る臓器の腫瘍でも多汗症になることがある。

 更年期にも発汗が増える。発汗を抑える作用がある女性ホルモンが減るために、汗をかきやすくなる。特に頭部や上半身など、局所的にドッと汗をかく“ホットフラッシュ”という症状は、ホルモン減少に加え、自律神経のバランスが乱れて起こる。これは頭部の汗腺につながる交感神経が過剰に働くためだ。また、大量の汗をかき、尿から腐りかけの果物のにおいがするときは、糖尿病が疑われる。

大量の寝汗をかくなら
血液の病気の可能性も

 「寝汗」も重要な病気のサインだ。「白血病などの血液の病気や、結核の場合、一晩中汗腺から漏れ出すように大量の汗をかくことがある。ミネラル分などが多いベタベタした汗をかくのも特徴」と五味院長。寝汗は通常、体温を下げるために寝入りばなにかくが、これらの病気では微熱があるため、寝ている間中汗をかくのだという。

 一方、人前で緊張したり、ストレスを感じたときに出る汗は「精神性発汗」。特に手のひらやわきの下などに多い。これは、ストレスで交感神経が過剰に反応するために起こる。だから、「解決法は開き直るのが一番。わきの下の汗なら、汗腺につながる神経を麻痺(まひ)させる注射を打つボツリヌス毒素注射(次ページ参照)が効果的だ。手の汗には、神経をブロックしたり切断する治療があるが、体のその他の場所に汗をかく“代償性発汗”が見られるようになるので注意が必要」と五味院長はアドバイスする。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
カラダの悩み・病気

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 12月号

    特集:「部屋を片づけると勝手にお金が貯まる!7つの理由」大公開!年100万円貯めてる人の財布・冷蔵庫・クローゼット 特別付録:書くだけで貯め上手になる!マネー手帳 2018上半期

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 12月号

    特集 ご飯OK!油OK!賢く食べて体脂肪オフ 「ラクにやせる 糖質・脂質 とり方の正解!」リバウント知らず、一生太らない!

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 11月号

    「日経DUAL」11月号は「地頭がいい子を育てる暮らし方」「DUAL独自調査!家事代行サービスランキング」2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「中田敦彦 ユーチューバーの活躍に危機感があるから」「魔裟斗 最初は子どもなんて欲しくなかった」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ