よるの・ぷちだんじき
【夜のプチ断食】(名)


夜8時以降、朝起きるまで固形物を口にしないこと。アルコールやカロリーのある甘いドリンクも同様。水やお茶は自由にとってよいこととする。

大発見! 夜8時以降の
「だらだら食べ」が太る原因でした

一つでも当てはまるなら、次回からのプログラムを試してみる価値大!体が驚くほど軽くなります!

 ついつい夜型になりがちな現代人。残業やおけいこ事などで帰宅が遅くなり、日常的に夕食が9時や10時になっている、という人も多いのでは?

 実は、同じ内容の食事でも、それが脂肪になるかどうかは食べる時刻で変わってくる。鍵になるのが、脂肪細胞が血液中の脂肪分を取りこむ際に働く「BMAL1(ビーマルワン)」というたんぱく質。「体内のBMAL1は、夜遅くなるほど増える。だから、遅い時刻に食べる食事は脂肪になりやすい」と、BMAL1の働きを研究する日本大学薬学部の榛葉繁紀准教授は注意を促す。

 また、夜遅くに夕食を食べると、寝るまでの間に消化が終わらず、胃腸が夜中じゅう働き続けることになる。「睡眠の質も悪化するため、体が休まらない」と、日本医療栄養センターの井上正子所長。当然、疲労がたまり、代謝も悪化する。「夜遅く食べる食事は太る」という通説は、科学的にも生理学的にも正しかったというわけだ。

 しかも夕食は、つい、だらだらと食べ続けてしまいがちなので要注意。テレビを見たり、お酒を飲みながらあれやこれやと食べてしまうため、カロリーオーバーになりやすい。

 思い当たる人は、夜8時以降は何も食べない「夜のプチ断食」を試してみて!

なぜ夜8時以降の断食でやせるの?

●体脂肪の貯蔵に働くたんぱく質は、夜8時ごろを境に急激に増える。8時前に食事を済ませておけば、脂肪になりにくい。

●寝るまでに消化が終わるため、胃腸が休まる。体調が整って、代謝がアップしやすい。

マウスを使い、“脂肪貯蔵たんぱく質”であるBMAL1の脂肪組織中の量を調べたところ、夜中の2時をピーク、昼の2時ごろを底として一日のうちに大きく変動することがわかった。昼の2時と夜10時では20倍もの差があった。(データ:榛葉繁紀准教授)

Profile
榛葉繁紀准教授
榛葉繁紀准教授
日本大学薬学部
時間栄養学を研究。「続けるためには、断食を休む日を作ることが大切。私自身“夕食断食”で10kg減らした際には、日曜日を“休断食日”とすることで、無理なく続けられました」。