• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

朝時間活用でなりたい自分に近づける!

2010年5月17日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 できるなら効率よく、そして簡単に“なりたい自分”に近づきたい。そんな人はまず、朝の1分を見直してみませんか?

朝は一日を楽しむためのアイドリング時間

 朝は大切な時間――そう感じている読者は約8割(読者アンケートより)。「朝を充実させたい」と答えた読者は9割以上もいる。朝時間の過ごし方の理想を聞いてみると、「脳を働かせて1日を効率よく過ごすプランを考える時間にしたい」「カラダを動かし、活発的にスタートダッシュする時間にしたい」…。WOMAN読者にとって朝時間は、一日を心身ともにフル稼働させるためのアイドリングの時間のようだ。

 朝のアイドリングは脳にもいい影響を与えるという。東京大学大学院准教授の久恒辰博さんによると、「目覚めたばかりの脳は、前日の疲労物質やストレスがキレイにクリーニングされた状態。そこに少しずつ刺激を与えることで、脳細胞それぞれが動き出すんです」。

 例えば少し伸びをしてカラダを動かすと、脳の中枢にある海馬と前頭葉に脳内ホルモンが送られ、脳が作業モードに入る。例えば「朝ご飯を食べよう」と考えると脳に刺激となって伝わり、ドーパミンなどの神経伝達物質が分泌されて脳内細胞が動きだす。「夜の間にパワーチャージされた朝の脳はエンジンがかかるとフル回転。朝の時間に脳機能を活性化すると、年齢とともに萎えていく記憶力や思考力、発想力、さらにストレスなどの嫌な記憶を消す働きも高まります。脳が柔らかくなればなるほど、考え方や行動も柔軟になり、新しい自分が見えてくるのです」(久恒さん)

 朝を上手に活用している読者は約3割。注目すべきは、その満足度の高さだ。「今の自分が好き?」の質問に朝上手な読者は約8割がYES。仕事もプライベートも充実度は6割以上と高い(下記表参照)。

 この結果に経営コンサルタントの中島孝志さんは、「朝時間上手な人は日々進化している」と分析する。「朝時間のやりくりは、タイムマネジメントが問われること。効率よく自分の時間を創造するスキルは、仕事のやり方、目標の叶え方…すべてに結びつく。『私の朝はこんなことをする時間』と明確なテーマを持ち、努力している人のほうが、仕事も人生も充実しやすいのは当然です」

 朝時間の過ごし方を提唱する朝時間.jp 元編集長の内海裕子さんは「朝時間を上手に使える人は、一日一日をムダにしない」とも。「働く女性は昼から夜…と時間が経つにつれ、外からの情報が蓄積される。他人との時間を過ごし終わってクタクタになった夜に、『さあこれから!』と新たにパワーを作り出すのは至難の業。誰にも邪魔されない朝こそ、夢を叶えるために適した時間なんです」

朝時間上手は、自分に自信が持てる!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
働き方

Topics

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 4月号

    「忙しい働き女子の片づけ&収納」を大特集。狭いのに広々として見える部屋のルール、お金が貯まるクローゼット整理術など、働き女子884人のスッキリ部屋のヒミツを公開。さらに「ディズニー、Google、コクヨはどこが違うの? 一流・二流・三流の仕事術」を紹介します。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 4月号

    話題の開脚ストレッチができずに、あきらめた。毎日ストレッチをしているけど効果は微妙で、このまま続けていいのかわからない―。そんな悩みを解決しようと、専門家に徹底取材。「現代女性に必要な本物のストレッチ」をご紹介します。

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 1月号

    「日経DUAL」1月号は「パパ四天王の凄い両立テク」と「私たちが働く理由」の2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「子どものしつけは“動物の調教”ではない 」「生稲晃子 乳がんで5回手術、公表せず仕事続ける」「難関中学の入試ってどんな問題が出るの?」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版