• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

プロが教える 正しいブーツケア

2009年11月19日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
商品名:シュードライミニ
販売元:コロンブス
価格:525円
問い合わせ先:0120-03-7830
http://www.columbus.co.jp/

 ブーツは密閉度が高いだけに気になるのが、まず、におい。特に最近は、中がモコモコしているムートンブーツや、ひざ上まですっぽり隠れるニーハイブーツなど、より汗をかきやすいブーツがトレンド。においはますます気になるはず。

 「まずは、においを付かないようにするのが大前提です」とは靴の修理を手がけるミスターミニットの吉田彰祐さん。「1日にコップ1杯分の汗をかくとも言われる足ですから、とにかく乾燥させることが一番」(ミスターミニットの山口健寿さん)。とにかく脱いだら乾燥させ、中二日くらいは空けて履く。乾燥させるには、専用のグッズもあるが、「新聞紙を入れたり、お菓子に付いてくる乾燥剤でも代用できますよ」(山口さん)。とにかく「しっかり乾燥」、これが基本だ。

 専用のグッズでも、新聞紙でも、それ自体をケアすることも忘れずに。例えば、乾燥剤であれば、それ自体が水分をすってしまうと、そのまま使い続けると効果が薄れる。乾燥剤自体も外に出て乾かすなどしてケアを忘れないようにしよう。

 晴れた週末にはベランダに出すなどして乾かそう。その際に注意するのは陰干しにすること。「皮の場合、油分と水分が一緒に出ていってしまうため、太陽に直接あて過ぎると皮に良くない」(吉田さん)ためだ。

消臭のため、が返って逆効果に?!

 毎日の乾燥ケアを怠らなければ、菌の“ご飯”となる湿気をなくすことになるし、菌の繁殖を抑えられるので、そこまでにおうことはない。「特に革製品は皮そのもののにおいもあるので、乾燥ケアさえしっかりやっておけばほぼ大丈夫です」(山口さん)。

 とはいえ、どうしてもにおいがついてしまうこともある。その場合は、くつを脱いだあとに消臭スプレーや、除菌・抗菌スプレーを一吹き。ただ、これもやり過ぎに注意が必要。「使いすぎはNGです。ミストタイプにしろ、ガスタイプにしろ、揮発性成分だけでなく水分を含んでいるものも多いため、逆に湿度を上げてしまう場合があるからです」(山口さん)。

商品名:ブーツ専用洗剤「Booty(ブーティー)」
販売元:ワイズコーポレーション
価格:1890円
問い合わせ先:06-6311-8125
http://www.3star-ys.com/

 最近では、ブーツ専用の丸洗い洗剤もある。「Booty」は「ほとんどの皮に対応している」(ワイズコーポレーション)ブーツ用洗剤。「皮を洗うというのはアウトドア向けにはありましたが、起毛素材も大丈夫で、ブーツ専用といった商品は今年出てきたこのBoodyが初めて」(東急ハンズ新宿店 大山綾子さん)だという。専用液を水で薄めて使うもので、汗やにおい、汚れを落とす。もちろん、そもそも水分を嫌う素材には使えないし、落とせない汚れもあるので、自分で判断できない場合はメーカーに問い合わせを。

自然派タイプの消臭剤も

 「ブーツの独特のにおいの主な正体は、表皮ブドウ球菌やコリネバクテリウムといった細菌によって生じた脂肪酸の一つ、イソ吉草酸(きっそうさん)」と、体のにおいに詳しい五味クリニック(東京都新宿区)の五味常明院長。足の裏は汗をかくうえ、密閉されているので、ブーツの中の湿度が高まり、細菌が繁殖しやすくなる。

 消臭剤はさまざまなタイプがあるが、古くから日本やヨーロッパで消臭剤として使われてきた柿渋やみょうばん、精油など天然成分を使った自然派タイプの消臭剤の人気が高まっている。お気に入りを見つけて試してみよう。また、「ガーゼに包んだ炭を、ブーツに入れるのもいい」(五味院長)という。

(右)「SYUSYU ブーツ用」
柿渋のエキスを発酵させたカキタンニンが主成分。ペットやたばこのにおい、生ゴミやトイレにも。柿渋万能消臭剤「風の足あと」もある。200㎖、1575円。問/タンニング 06-6765-3025
(下)「バイオ靴の臭いに」
消臭効果の優れた人工ゼオライトと、微生物(バチルス菌属)が主成分。ひもがついた小さな靴型ケースをブーツに入れて使う。効果は約3カ月。1足分、924円。問/コジット 06-6962-1541
(左)「靴用アロマクリーン」
ユーカリやペパーミント、パインニードルの3種類の精油に、ポリフェノールであるカテキンを含む緑茶エキスを配合。120㎖、840円。問/コロンブス 0120-03-7830

この成分が消臭に効果

柿渋
柿渋のポリフェノールがにおい成分を吸着し消臭する。古くは防腐剤としても利用した。

みょうばん
天然鉱物が由来。漬物の色止めとしても使う。古くから消臭、殺菌、制汗剤として利用。

精油
ティーツリーやユーカリ、ミントやラベンダーなどの精油は、消臭のほか殺菌作用をもつ。

ゼオライト
石炭灰から作る人工物が主流。天然は鉱石が由来。脱臭や吸湿に優れ、化粧品などにも使われる。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ファッションヘルス&ビューティ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 9月号

    特集「着ない服から心のイライラ、仕事のムダまで、ぜ~んぶ、スッキリ!『1分で捨てる!新習慣』」。第2特集「貯めてる女子はやっている!お金の裏ワザ130」。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 9月号

    たるみ・脂肪・ゆがみ…“お腹ぽっこり”″の悩みをすべて解消!「朝夜5分で下腹を凹ませる」方法を総力特集♪

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 8月号

    「日経DUAL」8月号は「100年ライフに備える共働き家計」「仲良しセックスレスはいいこと?悪いこと?夫婦のスキンシップ」2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「竹内薫 娘のためにトライリンガル学校を設立」「西原理恵子 妻も夫も『愛してる』って言おうよ」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ