• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

シャキッと交感神経を立ち上げるカンタンな5つのワザ

2009年6月20日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 目覚めたら、シャキッとスイッチオン!そのためには、自律神経を味方につけることだ。目が覚めたら、まずは交感神経を刺激して、休息モードから活動モードへの切り替えを促そう。

「心地良い刺激」が交感神経をオンにする

「運動や深呼吸、食事など、交感神経を刺激する方法はいろいろある。ただし、効果は人それぞれ。自分にはどれが合っているか、試してみるといい」と降矢院長はアドバイスする。
 水を飲む、アロマをかぐなど、すぐできる刺激法を紹介するので、早速、明日の朝から実行してみよう。いくつか組み合わせると一層効果的だ。
 また、メールのチェックや返事書きなどを夜の日課にしているようなら、それを朝に回すのもお薦めだ。「夜やると頭がさえて眠りにくくなる。朝に回すと、夜は早く眠れるし、朝は交感神経の立ち上げにも役立つ」と降矢院長。朝のスイッチオンは、よい睡眠から、が基本だ。

<1> 1杯でオンに! 冷たい水を飲む

 体の内側から交感神経を刺激する方法、それが目覚めに冷たい水を飲むこと。空っぽの胃に冷たい水が流れ込むと、途端に内臓が動きだす。朝の排便を促す効果もある。

1杯の水で交感神経が優位に
「朝起きてすぐ、飲まず食わずで測定に向かった。体も頭も半分寝た状態で、電車も乗り間違える始末。その末に飲んだ1杯の水のおいしかったこと! 一気にスッキリ目覚めた感じがした」(女性・Sさん)。水を飲んですぐ自律神経バランスを測定したところ、交感神経が優位になり、自律神経機能の総合力を示す値も35.2→37.9に上昇。

<2> 30秒で血が巡る 布団の中でストレッチ

 目が覚めたら、とりあえず布団の中で手足のストレッチ。「すぐに起きられない低血圧の人こそ、ストレッチで体温を上げるといい」と梶村院長。

 動きはどのようなものでもいい。例えば、下図のようなカンタンな体操もオススメ。お腹に力が入り、血が体内を巡って体が温まる。これで、体が目覚めていくのを実感できるはずだ。

自律神経の総合力がアップ

イラストのストレッチを体験したKさん(男性)。「なんだか体が温かくなった気がする」との感想。自律神経バランスを測定したところ、自律神経機能の総合力が43→54に上がっていた。(協力:赤坂溜池クリニック「ホリスティックヘルス情報室」。上の水の実験も同所)

<3> 窓を開けて光と外気に当たる

 「本来、人間の体がもっている周期は約25時間。これを24時間周期に同調させてくれるのが、太陽の光」と梶村院長。

 朝起きたら窓を開けて、光を浴び、朝の清澄な外気に触れよう。五感からの刺激がスイッチをオンにしてくれる。

<4> 甘い物をとる

「朝は前日の夕食から何時間も経過しているため、エネルギー切れの状態。低血糖のせいでボーっとしている可能性もある。こういう人は目覚めに甘い物をとって糖質を補給するのもいい」と梶村院長。昔は寝起きでむずがる子供にお菓子などを与える“おめざ”という習慣もあったとか。
 コーヒーや紅茶、ハーブティーなども目覚めに役立つ。

<5> 深い呼吸をする

 肺の中の空気を全部吐き出すように大きく息を吐く。そして空っぽになった肺に、新しい空気を存分に補充する。「腹式呼吸、あるいは単に意識して深い呼吸をするだけでもオンになる」と降矢院長。ベランダなど外に出てやると一層効果的だ。

取材・文/佐田節子 イラスト/いい・あい、三弓素青

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
カラダの悩み・病気

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 6月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 6月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 5月号

毎日がラクになる片づけルール

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ