• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版


腰痛、うつっぽさ、イライラ……。こんな更年期の不調に悩まされたとき、ヨガセラピストの柳瀬けい子さん自身が毎日行って、体調を整えたというおすすめのヨガを教わりました。横になった状態でできるムリのないポーズで、「心も体もすっきり!」の気持ちよさが味わえます。

教えてくれたのは58歳の柳瀬けい子さん
「不調が続いた時期もこれらのポーズで乗り越えられました」

 48歳ごろから閉経に向けて「晴れ晴れした気持ちで目覚めることがない、という状態が続きました」と話すのはヨガ&アーユルヴェーダセラピストの柳瀬けい子さん。腰痛やイライラなど心身の不調がつらいときに柳瀬さんを支えたのが、毎日のヨガ習慣でした。「だるくてどうしようもないときでも、寝たままできるポーズなら『やろう』という気になれたんです」

 そのポーズが、「卍(まんじ)」「ワニ」「スキ」「魚」の4ポーズ。腰を縮める「卍」の後は腰を伸ばす「ワニ」、「スキ」で首を伸ばした後は「魚」で首を縮める、というふうにセットになった動きです。全身の筋肉を大きく動かすことによって血のめぐりが良くなり、凝り固まっていた体が芯からほぐれます。

 「呼吸に合わせてゆったりと動作を行うと、自律神経も自然に整い、心も穏やかになります」

 おすすめは朝やることですが、就寝前に行うと体がほぐれ、眠りを深くする効果も得られます。

肩凝りのある人はまず
「ムドラー」から

 メインの4ポーズの前に、更年期の女性に特に多い、肩凝りや腰痛対策のポーズを行うと、効果をより高められます。「更年期には筋肉が固まろう、固まろうとするので、ポーズを行ってもすぐ凝った感じが戻るかもしれません。でも、あきらめないで続けることが大切」と、柳瀬さん。

 頭頂部を床につけて左右の肩をぎゅっと内側に縮め、腰から背中を伸ばす「ムドラー」は、肩凝り解消効果が高いポーズ。腕を持ち上げにくい人は、タオルなどを使うと、気持ちよく持ち上げられます。

“調子を整える方法を知っているから大丈夫”
という安心感は、あの時期、支えになりました

ヨガと座禅をすれば
乱れた心もリセットできました
やなせ・けいこ
1955年生まれ。女性の悩みにアプローチし、初めての人、体が硬い人でも簡単に行うことができる「柳瀬式ウェルネスヨガ」を提唱。東京・麻布十番でサロン「AYUR SPACE RAKU」を主宰。http://www.rakuclinik.com/

 52歳で閉経しました。今は、季節の変わり目に頭と顔にどっと汗をかくことがあるくらい。心身ともに落ち着いています。

 47歳のころから腰痛と冷えが出始め、翌年ぐらいからうつっぽさが加わりました。晴れ晴れした気持ちで目覚めることがない。何をしても、楽しくない。世の中の暗いニュースを見ては一緒に泣いたり……。

 そのころ、「自分が汚い」と感じるようになっていました。おしゃれすることが大好きだったのに、何を着ても自分が汚らしく見えるのです。娘に何度も「ねえ、ママ汚くない?」と聞くので「ママ、おかしい」と言われ、「これも更年期のせい?」とはっとしました。自分のすべてがくすんで見えるような感じは、4年ほど続きました。

 でも、あるとき思ったんです。「人生、晴れ晴れしてなきゃいけないって誰が決めたの?毎日うつうつしていても、人と会って仕事もして生活できている。文句を言われる筋合いはないわ!」って(笑)。


取材・文/柳本 操 撮影/鈴木 宏 ヘア&メイク/依田陽子 スタイリング/中野あずさ(biswa.)
デザイン/牟田 厚(ブラスターワン) 構成/黒住紗織(編集部)

「これ以上の情報をお読みになりたい方は、日経ヘルス プルミエ誌面でどうぞ。」

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 11月号

    特集:1年後、私が劇的に変わる!「すごい手帳のコツ300」【特別付録】その1:アフタヌーンティーコラボ オリジナル万年筆 /その2:冊子『まんがで分かる!お金がどんどん増えるルール』」

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 11月号

    特集 ゆがみ解決!たるみも消える!10日間体幹リセットで美姿勢!腹ペタ!別冊付録 脱・むくみ体質 リンパ流しバイブル」

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 10月号

    「日経DUAL」10月号は「ウチの子にぴったりな進路はどれ? 受験&進学総覧」「企業で人生成功させる必須6条件」2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「不妊治療 顕微授精では精子の質的低下を補えない」「伝説のコーヒー店『カフェ・バッハ』女店主が作る子ども向けおやつ」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ