• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP


女性の人生の中で、体が大きく変わる時期が更年期。これまで体を守り続けた女性ホルモンが激減するときです。戸惑いや多少の不調を伴ったとしても、それは新たな人生のきっかけに。しっかりケアさえしておけば、恐れるには及びません。

 40年以上にわたって私たちの体を守り、支配する女性ホルモン。毎月の月経、妊娠・出産、そして女性らしい体形やみずみずしい肌、つややかな髪……と、このホルモンの恩恵は絶大です。でも、プレゼントは期限付き。いずれ女性ホルモンは激減し、働きを終える日が訪れます。それが閉経です。

 「この閉経を挟んだ10年間が、更年期と呼ばれる時期。思春期と並ぶホルモンの大変動期で、心身にいろいろな変化が生じます。ただ、それは誰にでも起こる健康な生理的変化。あまり心配しすぎず、自然な変化として受け止めて」と東邦大学医療センター大森病院産婦人科准教授の片桐由起子さん。

 女性ホルモンの減少自体は止められなくても、しっかりケアしておけば体も心も大丈夫!まずは下の表で、今の状態をチェックして。

同じ不調でも年代で原因が違います
でも“更年期”はみんなに訪れます

 最近、月経が不順。体調もよくないし、もしや更年期?そんな心配をしていませんか。近ごろはまだ30代後半や40代前半なのに、更年期の心配をする人も多いそう。

月経不順、ほてり、発汗、めまいなどの不調は、一般に年代によって原因が異なる。40代前半までなら、ストレスなどから起こる自律神経失調症の可能性が大。一方、40代後半以降の場合は、卵巣機能低下による更年期症状といえる。

「そもそも更年期とは卵巣機能が低下する40代半ばから50代半ばまでの期間を指しますから、それより若い年代は更年期と呼ぶ時期ではありません。実際、月経が不順でも、女性ホルモン値を測ってみると問題がない人の方が多い。このような場合は、ストレスなどが原因で起こる自律神経失調症の可能性が高いと考えられます」と牧田産婦人科医院院長の牧田和也さん。

 また、三宅婦人科内科医院院長の三宅侃さんもこう話します。

「30代後半から40代前半になると、女性ホルモン系のリズムが乱れ始める人がいますが、この段階ではまだ卵巣機能の低下とまではいえません。いわば、揺れ始め。女性ホルモンの“揺らぎ世代”といったところでしょうか」

 卵巣の働きはいきなり低下するのではなく、年齢とともに徐々に落ちていきます。「30代後半から妊娠力の低下がぐんと進んで、40代に入ると不妊傾向になり、40代半ばで更年期に突入、そして50歳前後で閉経に──。もちろん、個人差はありますが、そうやって20年ほどかけて卵巣機能は少しずつ低下しています」と片桐さん。

 加齢による妊娠力の低下→不(※)妊傾向→更年期→閉経という卵巣機能の4つのターニングポイント。揺らぎ世代は前者の二つに、リアル更年期世代は後者の二つに位置しています。さて、あなたは今どこにいますか。


※不妊は加齢だけが原因ではなく、20代、30代で生じる不妊原因もある。

エストロゲンには骨や血管を丈夫にしたり、悪玉コレステロールの増加を抑えたりする働きがある。閉経後は、こうしたエストロゲンの健康効果が失われ、生活習慣病などにかかるリスクが高くなる。

取材・文/佐田節子 撮影/金子親一 スタイリング/高橋尚美 デザイン/ディッシュ 構成/黒住紗織

「これ以上の情報をお読みになりたい方は、日経ヘルス プルミエ誌面でどうぞ。」

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ