• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

仕事を後回しにする「割り切り」で、望まない夜更かしを減らそう

2015年8月28日

なんとなくではなく、意志を持って先送りする技術を身に付ける

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

こんにちは。Before 9(ビフォア・ナイン)プロジェクト主宰/CONECTA代表、池田千恵です。
「ひとり力の作り方」で提唱する「ひとり力」とは、「自分の頭と心を定期的に棚卸し、客観的に見つめて軌道修正していく力」のこと。独身、既婚、家族と同居、ひとり暮らし、子育て中…。どんな状況にあっても精神的、物理的に「ひとり」の時間を作ることはできます。「ひとり力」をつけることで、ほっとしたり、リフレッシュしたり、リラックスしたり、将来のことを楽しく想像したり、今までの振り返りをしたりできるようになれば、慌ただしい毎日も、心穏やかに過ごせるようになります。本来のあなたを、あなた自身の手に取り戻すひとつの手段が「ひとり力」をつけることです。
第22回の今回は、望まない夜更かしを防ぐためにできることをお伝えします。

「夜更かし」には2種類ある?

 私は、夜更かしには2種類あると思っています。望む夜更かしと、望まない夜更かしです。

(C) pixta

 前者は、例えば休日前の夜、「わー! 明日は休みだ!」と思ってのんびり好きなことだけする夜更かしや、気が置けない仲間たちと朝まで飲んじゃえ! とわいわい騒ぐような夜更かしです。開放感があって、本当に楽しいですよね。

 一方、後者は、仕事が終わらない、残業が多すぎる、夜の断れない付き合いが多い、1日にカタをつけないと気が済まない、などの理由で、本当はしなくないのにしてしまう夜更かしです。

 「ひとり時間がなかなかとれない」と悩む場合の多くは、このような「望まない夜更かし」がネックとなっているのではないでしょうか。

 では、どうすれば「望まない夜更かし」を減らせるのでしょうか。今回は「望まない夜更かし」に悩み、克服した女性、Mさんの話を紹介しましょう。

意志をもって「先送り」する勇気を持つ

 Mさんは昔から仕事が大好きでした。気付くと寝ないでずっと仕事をし続けてしまうので、気付けば睡眠障害になってしまい、睡眠薬が手放せない生活を何年も送っていました。薬漬けの自分から卒業しようと一念発起、会社を休み、半年精神病院に入院して薬断ちをしたそうです。

 半年後、無事退院できたのですが、薬漬けの生活を手放したのと同時に、仕事への情熱も、やる気も手放してしまいました。それから半年間、何も手につかず、生き方まで手放しかけたとき、書店で見つけた朝活関連の書籍をきっかけに、今までの生活を一変しようと早起き生活をスタートさせたそうです。

 早起きを初める前は、1日1日、仕事が終わるまで寝てはいけない、とことんやりきっていない私はダメだ、と自分を縛っていたせいで、睡眠不足や生活の乱れを繰り返していたといいます。

 でも、早起きを習慣にするためには、当然ですが早く寝る必要があります。そこで、第19回でも紹介した「戦略的先送り」の要領で、仕事が仮に終わらなくても割り切って寝てしまい、仕事を朝に残すことを許すようにしました。やりきっていなくても朝に回せばいいや、と割り切り、睡眠を優先するようにしたのです。

 その結果いったん頭がリセットされて生産性が向上、心身ともに健やかになっていくことを実感したそうです。今でも仕事の性質上、不規則な生活は続いていますが、朝活手帳で自分の体のペースをつかめたため、夜型の仕事があっても次の日にはきちんと朝型にもどれる自信がついたとのことでした。

 Mさんは、経費計算や伝票整理、売上げ確認といったような、夜の疲れた頭で作業するとミスしてしまいそうなことを朝に持っていくそうです。確かに、取りかかればすぐに終わってしまうのに、なんとなく後まわしにしているようなことはたくさんありますよね。聞いたところによると、2時間残業して行っていたメールチェックや報告書などの作成を朝に回したところ半分ほどの時間で終わった例もあるとのこと。朝からクリアな頭でサッサと終わらせれば、朝の作業に勢いづけることもできそうです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
池田千恵
池田千恵(いけだ ちえ)
Before 9(ビフォア・ナイン)プロジェクト主宰/ CONECTA代表。
図を活用した思考整理/情報発信/時間管理/目標達成手法を著書や講演、企業研修などで伝えるかたわら、朝9時までの時間を有効活用するための早朝セミナー「Before 9プロジェクト」を2008年より開催。ベストセラーとなった『「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!』(マガジンハウス)は、朝4時に起きる「ヨジラー」急増のきっかけとなる。『「ひとり時間」で、すべてがうまく回りだす!』(マガジンハウス)、『朝活手帳』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)など時間管理に関する著書多数。 http://ikedachie.com/
関連キーワードから記事を探す
お仕事術

Topics

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 3月号

    日経ウーマン3月号は「“1日100円投資”でマネー開運!入門」を大特集。日々のお金の使い方を見直し、余ったお金を「コツコツ投資」に回してお金を増やす方法を、マンガでわかりやすく紹介。さらに特別保存版「個人型確定拠出年金 始め方ガイド」で、年金がふやせる大注目のお得な制度を解説します。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 3月号

    今号の特集は「女性の不調は血流&リンパが9割!」。むくみ、冷え、肩こり、だるさ、月経痛、くすみ…辛い不調を解消する方法を大特集。さらに、「免疫力アップ !アレルギー改善の新法則」もご紹介。

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 1月号

    「日経DUAL」1月号は「パパ四天王の凄い両立テク」と「私たちが働く理由」の2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「子どものしつけは“動物の調教”ではない 」「生稲晃子 乳がんで5回手術、公表せず仕事続ける」「難関中学の入試ってどんな問題が出るの?」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版