• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

LOCOガールのススメ

【PR】第1回LOCOハンツアーin越前市を徹底レポ!

2015年8月7日

共働き文化が根付く女性にやさしい町の秘密は

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

自分に合う土地を見つけ、移り住んで「地元=LOCO」にしていく――そんな「LOCOガール」スタイルが今、

注目を集めています。自分らしく暮らせる「地元」を見つけたいプレLOCOガール5人が、「LOCOハンツ

アー」で越前市を訪問。女性の働き方に詳しい日経BPヒット総合研究所長・執行役員の麓幸子とともにそ

の地元力を体感しました。

地域の風土や市の取り組みで女性にやさしい町に

 「都会の生活に疲れた」「故郷がないので自分で地元を見つけたい」「その地方ならではの仕事を探したい」などの理由からLOCOハンに参加したプレLOCOガールたち。やってきたのは、2022年度末に北陸新幹線の延伸(予定)により、東京から1本でアクセスできるようになる越前市。ワークショップや伝統工芸体験、女子会などを通じて、地元力や魅力を探った。

 ワークショップでは移住の際に気になる、食、自然、歴史、産業、仕事、子育て、市の制度という面から越前市が紹介された。なかでも、プレLOCOガールに響いたのは、伝統工芸のほか、世界に誇る先端技術産業が盛んで仕事を選ぶ余地があることや、女性の就業率が高く、保育施設や育児相談などの支援が充実し、子育てのための様々な環境や制度が整っていること。「仕事と子育てが両立できそう」「働く女性を積極的に支援するのは、昔繊維産業が盛んで女性が貴重な働き手だったからという説明を聞き、そういう風土があることに安心した」という声も。また、「移住者が悩みを相談できる窓口があるとうれしい」という意見に、UIJターンをした若手市役所職員が定住促進や情報発信をするバーチャルな課「IJU(いじゅう)課」を発足したことも紹介された。


 先輩LOCOガールとの女子会では、初対面ながら一気に打ち解け、越前暮らしの生の声を聞いたプレLOCOガールたち。このLOCOハンを通して、「先輩たちが口々に越前市の人はあったかいと言っていたが、行く先々でそれを感じた」「自然と文化がほどよく融合していて住みやすそう」「移住者をサポートする支援がたくさんあるのが魅力」「地域にエネルギーがあり、県外からの力も取り入れて活性化しようとしている姿勢に共感した」といった感想を抱いた様子。「ネット上の情報ではわからない地元力を体感した」LOCOハンとなったようだ。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ライフ恋愛・結婚人間関係の悩みお買い物・節約術整理・収納ファッショングルメエンタメ旅行・お出かけ暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 5月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 5月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 4月号

なぜか好かれる人の1日5分の新習慣

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ