• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

“いいコちゃん”ファッションを大人可愛く取り入れるには?

2015年7月4日

きちんと感と清楚感で、思いっきりガーリーを楽しむ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 20代女性の間でお嬢様テイストの“いいコちゃん”ファッションが支持を広げている。大人女子が下手にコピーすると、違和感が生まれがちだが、アレンジ次第では生かしようがある。“イタく”見えにくい取り入れ方を、ガーリーな装いの手なずけ方が上手な主人公が登場する映画『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』から選り抜いてみた。

(C) FINDLAY PRODUCTIONS LIMITED 2012
(C) FINDLAY PRODUCTIONS LIMITED 2012
(C) FINDLAY PRODUCTIONS LIMITED 2012

 『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』はミュージカル仕立てだが、人気バンドのフロントマンが初監督を務めただけに、ポップなサウンドが心地よい。ヒロインの少女イヴ(エミリー・ブラウニング)は拒食症で入院していたが、ふとしたきっかけで出会った、ミュージシャン志望の青年ジェームズ(オリー・アレクサンデル)と一緒にバンドを組んでデビューをめざすようになる。もうひとりの少女キャシー(ハンナ・マリー)も加えて、3人組バンドとなった彼らは淡い恋心と確かな友情をはぐくみながら、音を紡いでいく――。

 思春期の切なさや痛みが、抑えたトーンのストーリーでつづられる。主人公のイヴは移ろう内面を自分の装いで表現。ティーンズらしい初々しい着こなしや、ちょっと大人びた着姿を通して、自分らしさを周囲に印象づける。育ちのよさそうな着姿をベースに、気の利いたアレンジを加えてみせる。一方、奔放で大胆なところのあるキャシーもロマンティックな装いや行動的なスタイリングで若々しい魅力を振りまく。ファッションはこの映画の「4人目」の主要キャストでもある。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 5月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 5月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 4月号

なぜか好かれる人の1日5分の新習慣

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ