• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

資格をお金につなげて生きる!

まさかの婚約破棄を機に考えた「どうしたらFPとして人を幸せにできるのか」

2015年6月25日

ファイナンシャルプランナーの資格で、食べてます!【後編】

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

資格に興味があるけれど、取得までにかかる時間やお金が、どれだけ仕事や収入につながるのか分からない…。

日経ウーマンオンライン読者の悩みに答えるべく、有資格者の皆さんに「本当のところ」を聞きました。

ファイナンシャルプランナーの加藤梨里さんの後編をお届けします。

■突然の失恋! しかもそれは……

 前回からの続きです。

ファイナンシャルプランナー
加藤梨里
学生時代にファイナンシャル・プランナー(FP)資格を取得。保険会社、信託銀行を経て、27歳でFPとして独立。家計、保険、投資などお金にまつわるセミナー、執筆、相談を行う。趣味は料理で、NHKの料理番組での優勝経験も持つ。

 信託銀行で何年か勤めながら、FPとして独立するチャンスを伺おうと思っていた頃、思いがけないアクシデントに見舞われました。お付き合いしていた人に、突然別れを告げられたのです。それも、婚約までしていたにもかかわらず、たった1通のメールを最後に連絡すら取れなくなったのです。一方的に関係を断たれたショックは、それまでの激務で疲れていた体にとどめを刺し、体のあちこちに不調が出てしまいました。仕事もままならず何日も会社を休み、貯めていた有給が底を尽きるほどでした。

 このままでは仕事もお金も失ってしまう。そればかりか、自分の人生まで台無しになってしまう……なんとか立ち直らねばと考えるうちに、こんな思いがよぎりました。

「人生には思いがけないことが起こる。FPとしては、そんなときに立ち直るにはお金の知識があれば大丈夫、と考えてきた。でも、お金だけじゃ人は幸せになれない。体や心が元気じゃないと!」

 それから私は、「どうしたらFPとして人を幸せにできるのか?」を真剣に考えました。考えに考えた末、行きついた目標は「お金と健康のことを伝えるFP」というものでした。

 「お金と健康」というと、どんなつながりがあるのかイメージがつかないかもしれません。でも、私には重要なつながりが見えていました。たとえば想定外のアクシデントに見舞われたり、お金で苦労していたりする人を助けるには、お金の面でのサポートも大切ですが、ダメージを受けている心や体を元気にすることも大切です。逆に心身が健康なら、病気になって医療費がかかったり、仕事を休んで収入が減ったりするリスクも防げます。そんな視点を持ったFPになろうと考えたのです。

 こうして27歳で、慶應義塾大学大学院の健康マネジメント研究科というところに入学しました。医学や栄養学、統計学などに基づいて、健康と年収、人の幸福度にはどんな関係があるのか? 健康増進を進めるにはどんな方法が有効なのか? などを研究しました。

 大学院で学んだ2年間の学生生活は、FPとしての転機にもなりました。かねてから勉強会に参加していたFP会社で、女性向けのFP相談やセミナー、執筆などの仕事を任されるようになったのです。大学院と仕事の両立はかなり忙しく、朝は2時間かけて大学へ通い、授業を終えて夕方に東京に戻り、FP会社のオフィスでお客様と2時間ほど面談をしてから帰宅、寝る前には1、2時間、原稿書きの仕事をして深夜2時ごろに就寝という毎日でした。とにかく勉強も仕事もがむしゃらにやりました。1分1秒も無駄にしたくないと、24時間、30分単位でスケジュールを書き込める手帳を買ったほどです。手帳はいつも予定がぎっしり。休みはほとんどありませんでしたが、このときの鍛錬がFPとしてのステップにつながっていきました。

 この頃は、公私ともに出逢いに恵まれた時期でもあります。大学院の先生や同級生は今、仕事上の良き相談相手になり、FPの仲間は大切な仕事のパートナーになりました。FPの先輩の中には、仕事に熱中する私を見兼ねて合コンをセッティングしてくれた人までいます。ここでの人脈が、独立開業した今の仕事につながっています。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
資格・語学マネー

Topics

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 5月号

    「時間のムダが9割減る ノート術&文具 神ワザ100」を大特集。ルーズリーフに書くだけでお金が貯まる家計ノート、コクヨ式・ミスゼロノート術など、書くだけで「なりたい自分」を手に入れるアイデアが満載。さらに「お仕事服は“制服化”でラクになる」を紹介します。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 5月号

    太りたくない、やせたい、便秘を解消したい…そんな女性の悩みを「作りおき」と「時間栄養学」で解決する「太らないシンプル食事術」を大特集。さらに、特別付録「反射区&ツボ押し手袋」付き。美と健康に役立つ情報満載です!

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 4月号

    「日経DUAL」4月号は「ひとりっ子、きょうだいの育て方」と「パパの手作り20分夕ごはん大作戦」の2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「英語のプロ 息子に『勉強しろ』と言ったことはない」「中室牧子 貧困家庭の子を支援すべき本当の理由」「堀井美香 夫と子のために『言わない』と決めたこと」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版