• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

大掃除の不要品をお金に変える方法とは?

2014年12月12日

押入れに入れっぱなしの不要品を賢く処分してお小遣いの足しに

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 2014年も残すところ1カ月。大掃除で整理した不要品をどうやって処分しようかと考えている人も多いのではないでしょうか。フリマアプリ『Fril』(フリル)を運営するFablicの調査データによると、5人に1人は10万円以上の不要品資産があると回答しており、働き女子の押入れには使わなくなった服やカバン、小物などがたくさん閉まってあることが伺えます。そこで、今年は使わなくなった不要品をただ捨てるのではなく、ちょっとしたお小遣いの足しにできる方法を紹介します。

フリマアプリを使って不要品を処分しよう!

 これまで使わなくなった服やカバン、アクセサリー、靴、小物などを処分していた人に紹介したいのが、最近注目を集めているフリマアプリです。名前は聞くけども使ったことがない。という人は、ぜひ今年の大掃除の機会に使ってみてください。スマホ1つで売買が成立するので、忙しい働き女子でも気軽に利用できます。

 利用方法はとても簡単です。アプリを起動したら、売りたい商品を撮影して商品説明文を記入すれば出品は完了。では、どうやったら商品が売れやすくなるのでしょうか。大きく分けて『写真』『ゴールデンタイム』の2つがポイントとして挙げられます。

 出品時に、最も重要なのが『写真』です。フリマアプリの画面を見てわかる通り、写真が一覧で並べられていますので、その中で注目を集めなくてはいけません。商品が一番美しく見える角度で撮影することを意識してみましょう。また、ひと目で何の商品かわかるようにブランド名を入力したり、写真を加工して商品の良さを強調させたりすることも有効です。

 そして出品をする時間は『ゴールデンタイム』と呼ばれる22時~25時がおすすめ。この時間帯は、商品を購入する人達が良くアクセスする時間です。寝る前やお布団でくつろいでいる時にフリマアプリを覗いている人が多いので、効率的に販売をしてみましょう。

 各サービスによって異なりますが、商品が売れたら販売価格の0~10%が手数料としてかかりますので、手数料分も考慮して販売価格を設定すると良いです。

Frilhttp://fril.jp/
メルカリhttp://mercari.jp/
LINE MALLhttps://mall.line.me/

 フリマアプリではコメントや発送などを丁寧に対応することで、取引後に高い評価を貰うことができます。高い評価をもらい信頼度が上がるほど、商品を販売しやすい環境が整い、これまでよりもさらに高く売れやすくなりますので、常に丁寧な対応を心がけましょう。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
小野彩子
小野彩子
大学卒業後、2012年に株式会社もしも入社。ドロップシッピングを中心に会員の育成をサポートし、業界の発展に従事。現在は広報としても活動の幅を拡大。自身で得たネット副業経験を活かし、個人の収益化を応援している。
もしも:http://www.moshimo.co.jp/
関連キーワードから記事を探す
副業

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ