• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

幸せは、眠る人が好き~寝起きの白雪姫がプロポーズされた理由

2014年11月17日

女が成功するために必要な武器は「寝る」こと!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 発明王のエジソンは「睡眠は犯罪に等しい時間の無駄使いだ」と言いました。鉄の女と言われたイギリスのマーガレット・サッチャー元首相は「睡眠は弱い人間のためにある」と言いました。

 私達は、まるで眠気を病気であるかのように扱い、眠気覚ましの方法を試したり、コーヒーを飲んだり、ガムを噛んだり、眠気を消すことばかりを考えています。

 なぜでしょうか。

 寝ている時には、何もできないからですよね。食べたり飲んだりもできませんし、ましてや、仕事を片付けたり、趣味に没頭することもできません。でも、本当に、寝ている間、私達は何もしていないのでしょうか。そんなに無駄な、生産性に乏しい機能を、なぜ、私達人間は、進化の過程で失うことができなかったのでしょうか。

 例えば、イルカは、片方の脳ずつ眠ることができるそうです。右脳が寝ている間は、左脳が働き、左脳が寝ている間は右脳が働く。ちなみに脳をまったく休ませないで活動を続けられる動物は、今のところ、地球上には発見されていないようです。地球上で脳をもって生活するには、脳の休息は不可欠のようですね。

 でも、せめて、なぜ人間もイルカのように脳を片方ずつ休ませられるように進化しなかったのでしょうか。そうすれば、片方の脳が休んでいる時に、もう一方の脳で、仕事を片付けたり、本を読んだり、ゲームをしたりできたはずですよね。

 実は人間の脳も、私達が寝ている間、完全にシャットダウン、ブラックアウトしているわけではないんです。脳の一部は、起きている時よりも活発に動いています。イルカが右脳と左脳を使い分けているように、私達人間は、覚醒時の脳と睡眠時の脳を使い分けているのです。

 私達の脳や細胞の中には体内時計が組み込まれています。1日25時間のサイクルで動いています。脳の体内時計は朝日を浴びることでリセットされて、24時間サイクルに毎朝修正されます。その他の細胞の中にある体内時計は、朝食を摂ることでリセットされます。そして両方の時計は互いに影響しあって体内サイクルを正常に維持しています。

 そうしたサイクルのひとつが、脳の活動サイクルで、約90分です。学校の授業などが90分を1時限単位に設定されているのは、このためです。これより長いと集中力が散漫になりがちです。ちなみにエネルギー代謝のサイクルも90分です。私達は、90分ごとに軽い空腹を感じます。睡眠時の脳も、90分サイクルなんですよ。90分サイクルが一晩に5回ほど繰り返されて7~8時間の睡眠となります。

 この90分サイクルは、ウルトラディアンリズムと呼ばれます。これを目安に様々な活動をスケジュールすると、体内時計とシンクロするのでいろいろ楽ですよ。ただ、毎朝、朝日と朝食で主時計のリセットが正しく行われないと、こうした末端リズムも狂ってきますから、ご注意くださいね。

 さて、眠りに落ちると、最初の90分サイクルの前半に、大脳皮質が活動を休止します。私達の理性や知性や感情をコントロールしている部分です。この時、自律神経のうち副交感神経が優勢となり、体の筋肉が弛緩し、深い眠りが起こります。これがノンレム睡眠と呼ばれる眠りです。90分サイクルの後半には、次第に眠りが浅くなり、レム睡眠と呼ばれる睡眠に入ります。大脳は活動を取り戻し、自律神経も交感神経が優勢となり、心拍数も血圧も上がり、私達は夢を見ます。この時、目をつむったまま眼球が活発に動くので、Rapid Eye Movement(早い目の動き)の頭文字をとってREM(レム)睡眠と呼ばれるようになりました。そして、再び、新たな90分サイクルへと入っていきます。

 最も深い睡眠が起こるのは、最初の90分です。その後のサイクルでは次第にノンレム(深い)睡眠の時間は短くなり、レム(浅い)睡眠の時間が長くなっていきます。

 パワーナップと呼ばれる昼寝が10~20分と言われているのは、眠ってから20分くらいまでは、深い眠りが起こらないので、寝起きが辛くないからです。でも、本当の意味で大脳を休ませるのであれば、90分を1クールとした昼寝が必要です。

 では、睡眠時、脳はそんなに活発に動いて何をしているのでしょうか。

 これには諸説あって、未だに、科学は統一見解を出せていませんが、有力だと言われている説をご紹介します。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

もっと見る

Profile
森智世
森智世(もりちせ)
米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ
国際ヘルスコーチ協会 登録ヘルスコーチ、経営学修士(MBA)、女子栄養大学食生活指導士、厚生労働省スマートライフ・プロジェクトメンバー、目黒区男女平等・共同参画審議会委員。大手證券会社投資銀行、金融経済研究所、世界4大総合プロフェッショナルファームのディレクターとして企業戦略・財務、買収に携わり、書籍出版、大学講師、政府協議会委員等を経て、家族の健康問題を機に、NYCの世界最大ホリスティック栄養学専門学校にてホリスティック・ヘルスコーチ資格取得。海外生活は米国、ドイツ、エストニア共和国にて15年以上に及ぶ。現在は東京。趣味はフルート演奏、料理とヨガ。初回コンサルテーション(初回診断)を無料でご提供しています。またフェイスブックでフォローアップ情報を提供しています。
ホームページブログFacebookページ
関連キーワードから記事を探す
健康知識カラダの悩み・病気

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ