• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

大丈夫! あなたのシミは消えますよ~クリニックにおけるシミ治療最前線

2014年11月27日

美容皮膚科医が明かす!シミ治療最前線

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 さて、前回は「気になるシミはクリニックで消せます!」と申しました。

 では、実際にどんな治療をするのか、解説していきましょう。

 シミ治療の大きな柱は、「光治療」と「レーザー治療」です。そのほかにケミカルピーリングや内服治療・外用治療などを行います。

肌全体を底上げする「光治療」

 私のクリニックで人気ナンバーワンの治療は「フォトフェイシャル」と呼ばれている光治療です。強力な特殊フラッシュライトIPL)を用いることで、お顔全体の明るさを底上げします。

 IPLは幅広い波長で肌の様々なエイジング要素に作用します。痛みも比較的軽く、老人性色素班、ソバカス、肝班、ニキビ跡の赤み、血管拡張などのほか、小じわや毛穴の開きにも効果を発揮する、いわば「オールマイティーなアンチエイジング光線」! 肌の色ムラやテクスチャーを改善して“顔色を均一に整える”治療です。だいたい月1回のペースで5回くらい照射すると、顔全体が明るくキレイになります。

 この「顔全体の色ムラ修正」というのは重要なポイントです。

 シミができてしまうと、その部分だけに気をとられがちですが、、実はお顔全体により小さなシミが散発していることがほとんどで、さらに赤みや小じわ、そして毛穴などによる“細かな影”が顔全体を暗くしているのです。

 光治療で顔全体の色ムラ修正を施すと、それだけで「明るくキレイになった!」と満足する方は多いですね。

 私も1~2カ月に一度のペースで、IPLを当てています♪ なお、IPLは真皮浅層を刺激するので、たるみの予防にもなるんですよ。

1回のフォトフェイシャルでこれだけ変わる
1回の治療で、特に右頬の細かいシミ(雀卵斑)やホクロが少なくなりました。1度の治療で満足される方もいらっしゃいますが、繰り返し行うことでさらに効果が見えてくる治療です。肌の代謝周期に合わせて、3~4週間に1回ほどのペースで数回行うことをおすすめしています。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
小柳衣吏子
小栁衣吏子(こやなぎ・えりこ)
アオハルクリニック院長
1972年福岡県生まれ。98年、順天堂大学医学部卒業後、同大学病院勤務などを経て、2011年よりアオハルクリニック院長。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本美容皮膚科学会会員、日本抗加齢医学会専門医。 アオハルクリニックHP:http://www.aohalclinic.jp/ ブログ:http://ameblo.jp/aohal-koyanagi/
関連キーワードから記事を探す
スキンケア

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ