• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

毛穴タイプ別 正しい対策をお教えします!

2014年9月25日

あなたの毛穴は「角栓毛穴」? それとも? タイプで異なる毛穴対策

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 皆さま、こんにちは。六本木・けやき坂からコラムをお届けしています、愛と情熱のデルマトロジスト、小柳衣吏子(アオハルクリニック院長)です。

 もうすっかり秋の風が吹くようになりました。夏のダメージが肌に一気に現れる今の時期は、「あぁ、また肌が老けてしまった…!」と頭を抱える方が多くなるシーズンです。

 今日は、なかでも皆さんがとても気にしておられる「毛穴」がテーマ。

 アオハルクリニックにいらっしゃる女性たちからも、「毛穴を何とかしたい!」という訴えが多く聞かれます。

 「先生、女優さんみたいな毛穴のない肌にしてください!」

 いえいえ、毛穴が消えることはありません。毛穴がまったくないように見える女優さんの肌も、メイクや照明、高度な撮影&修整技術、その他諸々によって「ないように」見えているだけです。すべすべのおモチのような肌の赤ちゃんにだってちゃんと毛穴はあるんです。

 毛穴は、皮脂分泌が活発になる10代から目立ち始め、30代にかけてターンオーバー異常などが原因で「毛穴詰まり」やニキビなどのトラブルを抱えて、ますます目立つように。40代になると皮脂分泌は低下しますが、今度は蓄積した紫外線ダメージによって肌全体がたるみ、毛穴が「開きっぱなし」に見えるというお悩みへとシフトしていきます。

 ひとくちに「毛穴の悩み」といっても、その原因や症状は一つではないということですね。そのタイプは大きく分けて3つ。まずは、その違いを知ることが正しいケアの近道ですよ!

毛穴の悩み 代表的な3タイプとは…

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
小柳衣吏子
小栁衣吏子(こやなぎ・えりこ)
アオハルクリニック院長
1972年福岡県生まれ。98年、順天堂大学医学部卒業後、同大学病院勤務などを経て、2011年よりアオハルクリニック院長。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本美容皮膚科学会会員、日本抗加齢医学会専門医。 アオハルクリニックHP:http://www.aohalclinic.jp/ ブログ:http://ameblo.jp/aohal-koyanagi/
関連キーワードから記事を探す
スキンケア

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ