• ビジネス
  • xTECH
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

一歩踏み出す勇気をもらえる二冊(2/2)

2014年9月3日

橋本治著『結婚』/甘粕りり子著『産む、産まない、産めない』

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 甘粕りり子著『産む、産まない、産めない』(講談社)

 まさに直球のタイトル。本書には「産む」「産まない」「産めない」に悩み、やがて自分の決断をする女性たちが描かれています。

 8つの短編小説のどれも気になるテーマが取り上げられますが、まず第1話「最後の選択」について綴りたいと思います。

 新卒で就職、来春で18年目の桜子は、期待していた部下の女性が結婚退社することになり、ますます仕事を抱え込むことになりました。

 ある日、お酒の勢いで家に連れ帰った部下の岩瀬と関係を持ち、やがて桜子は妊娠。

 上司から「執行役員」にする、と言われた桜子。だけどこのチャンスを逃せば二度と子を授かることがないだろう、と思っています。

 第4話「コイントス」の主人公は桜子の友人で老舗呉服店に嫁いだ重美。後継ぎを期待されていますが、思うようにいかず不妊治療を受け始めます。

 思いがけず授かった桜子の迷い、切望しても授かれない重美の苦悩、究極の選択をする自由とどうにもならない現実は、隣り合わせにあります。

 生きることは、日々が選択の連続です。パーフェクトの答えはありません。他人がどうであれ、自分の答え・選択を応援するのはまず自分。一歩踏み出す勇気をもらえる二冊です。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
中江 有里
中江 有里
1973年大阪生まれ。89年芸能界デビュー。 2002年「納豆ウドン」で第23回BKラジオドラマ脚本懸賞最高賞受賞。 NHK-BS「週刊ブックレビュー」で長年、司会を務めた。 近著に「ホンのひととき 終わらない読書」(毎日新聞社)。 現在、NHK「ひるまえほっと」‘中江有里のブックレビュー’に出演、 関西テレビ「スーパーニュースアンカー」、フジテレビ系「とくダネ!」にコメンテーターとして出演中。新聞や雑誌に読書エッセイを連載中。書評も多く手がける
関連キーワードから記事を探す
エンタメ恋愛・結婚人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 3月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 3月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 2月号

まんが 一生お金に困らない!お金がどんどん増える本

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ