• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

食のトレンド発掘隊

大人気の野菜スイーツ最前線!(2/2)

2014年8月21日

小鳥や富士山モチーフからベジシュー、ベジアイスまで

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
「ミニカップ スプーンベジ トマトチェリー」(263円)。野菜を使ったアイスクリームという珍しさもあり、同社に対して“常に革新的な挑戦をしている”といった反響も寄せられているそうだ。

 次は新感覚のアイスクリーム! ハーゲンダッツから5月に発売された「ミニカップ スプーンベジ」は、「野菜をデザートのようにスプーンで味わう」をコンセプトにした新しい味わいのベジタブルアイスクリームだ。

 ハーゲンダッツジャパンマーケティング本部小松原恵理さんは「これまでにない、新しいアイスクリームを作りたいと考えていたところ、野菜にたどりつきました」と話す。食べてみると、トマトのうまみと甘みがたっぷり。さらに、チェリーのフルーティーな香りも加わって、非常にバランスのとれた味わい。ハーゲンダッツ独特の濃厚なミルクと野菜そのもののおいしさを消さないよう、味のバランスを調整することに苦労したそうだ。斬新な味わいがクセになりそう!

 続いては、素材にこだわった野菜のマカロン! ユニキャスが2013年5月に発売した「223マカロン」を紹介しよう。223は“ふじさん”と読む。名前のとおり、富士山の麓で大切に育てられた野菜で焼いた天然素材のマカロンだ。


「223マカロン」(2100円税込)。フレーバーは茜富士(桃)、暁(ぶどう)、秋月(かぼちゃ)、涼風(柚子)赤富士(ビーツ)、萌黄(鳴沢菜)の全6種。

 223マカロンに使われている野菜や果物はすべて富士山麓の山梨県鳴沢村、および山梨県内で収穫されたもの。富士山麓の野菜は、寒暖の差が厳しい気候によって上質な高原野菜が多いと言われているそうだ。実際に食べてみると、とにかく素材の旨味が強くてビックリ。口の中でホロリとくずれる繊細な生地なので、自然と噛みしめる造作もゆっくりになる。素朴なテイストながら、どこか洗練さも感じさせる優しい味わいだ。

 同商品はもともと山梨県の事業である「美味しい甲斐開発プロジェクト」の一環として企画されたもの。そこにCSR活動として山梨県で農作業体験などを行い、日本の農業の問題を目の当たりにしていた同社も“何かできないか?”との思いから参画。同社経営企画室の山内翼さんは、「より多くの人に“富士山野菜”を知ってもらうためのブランディングやデザインの検討に苦労しました。また質の良い原材料を使用しているため価格調整も大変でした」と言い、「223マカロンを通じて、富士山野菜・鳴沢村・農業6次化といったキーワードに多くの方に興味を持っていただき、地域活性に繋げていきたい」と意欲をみせる。

 商品はインターネットで買えるほか、談合坂SA(上り)や河口湖周辺の観光施設などで購入できる。パッケージもかわいいので、ギフトにも自分のご褒美にもぴったり!

 最後はパティスリーブラザーズの「ベジフルチョコレート-プラス」。生の野菜やフルーツを低温で丁寧に素揚げしてから、オリジナルのホワイトチョコレートでコーティングした新感覚のチョコチップスだ。

「ベジフルチョコレート-プラス」(743円)。野菜(フルーツ)は、紫芋・さつまいも・かぼちゃ・りんご・蓮根・にんじん・ゴーヤ・バナナ・オクラ・いんげんの全10種。
ブック型のかわいらしいパッケージなのでギフト利用も多いそう。写真は通常パッケージ。ほかに東京ソラマチ店限定パッケージもアリ。

 同商品は2011年に発売された「ベジフルチョコレート」をベースにしている。2012年に野菜のラインナップを4種類増やし、内容量も30g増とグレードアップさせて、「ベジフルチョコレート-プラス」としてリニューアル発売した。

 「“お子様からお年寄りまでたくさんの方が安心してお召し上がりいただけるスイーツを作りたい”との思いから、生の野菜をそのままフライして野菜・果物がもつ自然の色や、風味も生かしたスイーツを開発しました」というのは同ブランドを展開するドロキア・オラシイタMD課広報の吉浦さん。実際、野菜が苦手な子どもでも食べられると好評だそう。

 試食してみるとパリパリした野菜の食感が小気味よく、口どけのよいホワイトチョコレートは甘さも適度。コーティングの量も多すぎず少なすぎずの絶妙なバランスで、ついつい手が伸びてしまう~! しかも、オクラはちゃんと粘りがあり、ゴーヤはほんのり苦い。それぞれの野菜の持ち味もちゃんと残っているのだ。販売は「パティスリーブラザーズ東京ソラマチ店」および「パティスリーブラザーズ公式オンラインショップ」にて。

 素材や製法にこだわって、味はもちろん、見た目も素敵な野菜スイーツの数々。ぜひ、いろいろ試してみては?

取材・文=GreenCreate

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    10万6千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
グルメ

Topics

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 5月号

    「時間のムダが9割減る ノート術&文具 神ワザ100」を大特集。ルーズリーフに書くだけでお金が貯まる家計ノート、コクヨ式・ミスゼロノート術など、書くだけで「なりたい自分」を手に入れるアイデアが満載。さらに「お仕事服は“制服化”でラクになる」を紹介します。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 5月号

    太りたくない、やせたい、便秘を解消したい…そんな女性の悩みを「作りおき」と「時間栄養学」で解決する「太らないシンプル食事術」を大特集。さらに、特別付録「反射区&ツボ押し手袋」付き。美と健康に役立つ情報満載です!

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 4月号

    「日経DUAL」4月号は「ひとりっ子、きょうだいの育て方」と「パパの手作り20分夕ごはん大作戦」の2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「英語のプロ 息子に『勉強しろ』と言ったことはない」「中室牧子 貧困家庭の子を支援すべき本当の理由」「堀井美香 夫と子のために『言わない』と決めたこと」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版