• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

悩みスッキリ!ムダ毛のお手入れ法

プロによる脱毛、注意することは?

2014年6月19日

皮膚科医が指南! プロの手を借りて、ムダ毛処理を行うなら…

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 素肌の露出が増える季節、秋冬には甘かったワキや腕などのムダ毛処理をそろそろマメにお手入れしなければ! と気になっている人も多いのでは。セルフケアに焦点を当てた前回に引き続き、今回は、エステやクリニックでの脱毛について詳しくご紹介します。

 「自己処理が面倒で」「処理後の肌が荒れて…」という理由から、エステやクリニックでの脱毛に切り替えたという声が目立った読者アンケート。ムダ毛の処理をしている人のうちの約7割が、エステやクリニックでの脱毛経験があると答えています。ところで、エステとクリニックでの脱毛は何がどのように違うのでしょうか?

<エステやクリニックでの主な脱毛法>

・光脱毛…ジェルと光の相乗効果で、制毛処理する方法

・レーザー脱毛…レーザー光を肌表面に当てて、毛根を破壊する方法

・ニードル脱毛…毛穴に針を挿入して毛根を電気で破壊する方法

 よしき皮膚科クリニック銀座院長の吉木伸子さんは、「医療機関はレーザー脱毛が主流ではありますが、体質や症状などに応じて光脱毛やニードル脱毛で処置をする場合もあります。エステは、医療機関が扱うような強力な機械を使用することが法律で認められていないので、基本的にはレーザーやニードルは使えません。『永久脱毛』ではなく『減毛(制毛)』という処理になります。」と解説します。

エステとクリニックでの脱毛の違い、きちんと理解していますか?

 毛根組織に直接働きかけるレーザーやニードルでの脱毛は、本当に永久なの? というのも気になるところ。

 「なくなった分についてはほとんど一生生えないと言ってもいいレベルにはきています。『黒いものに反応する』という光の性質を利用したレーザーは、黒い毛に働きかけるもので、成長期の毛にしか反応しません。表面から生えている毛の3倍以上の毛根が隠れていると言われていますが、毛周期の問題などもあって生えてくる毛が0になるかというと、レーザーにも限界があり、最後はニードルでの処置をしないと全部はなくならない場合が多いですね」

 痛みに関しては、レーザーや光での脱毛の場合、機械の進化で最近かなり軽減されているそう。「レーザー脱毛をした後に脇の多汗症になったという話があります。医学的には因果関係はわかっていませんが、確かにそういう人もいるようです。最近は、技術の進歩のためか、そのような例は減っているようですが可能性としてなくはないので、きちんとカウンセリングを受けて、リスクも検討した上で施術を受けましょう」

レーザー脱毛に向いている人、いない人

 ところで、レーザー脱毛に向いている部位や体質はあるのでしょうか?

 「レーザーはメラニンに反応するので、太めの毛、つまり眉毛くらいのしっかりとした太さがあると反応しやすく、細くなるにつれて反応しづらくなってきます。そういう意味で、色白で太い毛がはっきり生えている人は一番効果が出やすい体質。部位としては、日焼けがなく毛も太い“ワキ”や“ビキニライン”は減りやすいです。“足”は個人差がありますね。

 難しいのは毛が細い部位、例えば“腕”や“背中”などです。特に背中はもともとニキビができやすく、雑菌が付きやすい部位。あまり効果が期待できないうえに、レーザーはもちろん、1度抜いたり、剃ったりするだけで大きなトラブル症状が出ることも多いのであまりおすすめしません」と吉木さんはアドバイス。

 一方、レーザー脱毛に向いていない人をまとめてみると、

・色黒

・ニキビができやすい

・肌にトラブル症状がある人

 合わないセルフケアを続けて肌が膿んでいる人は、一度治療してからでないとレーザー脱毛ができません。「セルフケアによる肌トラブルを抱えている場合は、1度自己処理をやめて、薬を塗り、数カ月経って治してから処置を行います。また、日焼けした肌だと脱毛効果は下がります」

 ニードル脱毛は、肌の状態や肌質を選ばず施術が可能。痛みを感じるのが注意点ではありますが、レーザーが向いていない人やレーザーがかけられない場所(まぶたの上など)、数えるほどの本数を処置する場合(乳輪など)は功を奏するのだとか。

 「個人差はありますが、レーザー脱毛の回数の目安は、2~3カ月に1回施術をして、5・6回で終了というケースが多いです。腕は7~8回、足はもう少しかかりますが、毛が太ければ逆に早く終わる場合も。レーザーでは基本的に0本とまでにはならないので、どうしても気になる人は、処置後の残り数本はニードル脱毛で処置を行う方法もあります」

信頼のおける施設の選び方

 信頼のおける施設に出合えるかどうかが、施術後の満足度を大きく左右する専門家による脱毛。

 「ここ数年で機械のクオリティが格段に上がっているので、エステも昔ほどトラブルは起きなくなってきてはいますが、あくまで『永久』ではありません。値段で何が違いますか?とよく聞かれますが、大きくは機械のクオリティや技術スタッフへのトレーニングなどによるもの。値段だけに目を向けず、契約システムの信頼性やスタッフ教育が行き届いたところを選びましょう」

 医療機関に併設されている脱毛サロンであっても、医師が実際に診てくれるかどうかはわからないので要注意。「医師が最低限1度は診てくれるかどうか、トラブルに発展したときは医師にすぐ診察を受けられるようになっているかどうかも確認してください」

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

関連キーワードから記事を探す
カラダの悩み・病気スキンケア

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 11月号

    特集:1年後、私が劇的に変わる!「すごい手帳のコツ300」【特別付録】その1:アフタヌーンティーコラボ オリジナル万年筆 /その2:冊子『まんがで分かる!お金がどんどん増えるルール』」

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 11月号

    特集 ゆがみ解決!たるみも消える!10日間体幹リセットで美姿勢!腹ペタ!別冊付録 脱・むくみ体質 リンパ流しバイブル」

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 10月号

    「日経DUAL」10月号は「ウチの子にぴったりな進路はどれ? 受験&進学総覧」「企業で人生成功させる必須6条件」2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「不妊治療 顕微授精では精子の質的低下を補えない」「伝説のコーヒー店『カフェ・バッハ』女店主が作る子ども向けおやつ」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ