終身雇用制度が崩れ始め、誰もが「自分らしい働き方」を模索する時代がやってきました。私たちの働き方はこれからどのように変わっていくのでしょうか? 毎回、ゲストを迎えながら、現代日本を生きる働く女性の未来を考えます。今回は、経済産業政策局・経済社会政策室長の坂本里和さんに、これからの女性の働き方について教えていただきました。

●この人にお話を聞きました
経済産業省
経済産業政策局 経済社会政策室長
「ダイバーシティ経営企業100選」「なでしこ銘柄」担当
坂本里和さん


さかもと・りわ/1972年生まれ。東京大学法学部卒業後の95年に当時の通商産業省へ入省。98年~2000年にかけてアメリカの法科大学院へ留学。2011年から現部署。女性がワークライフバランスを取りつつ、生き生きと活躍できる環境づくりのため、女性の活躍を推進する企業を後押ししている。監修した書籍『ホワイト企業 女性が本当に安心して働ける会社』(文藝春秋)が話題に。私生活では4女の母。

 私自身は、中学生を筆頭に4人の娘がいます。ワークライフバランスは私自身にとっても大きな課題で、この10年以上ずっと悩みながら、カベにぶつかりながら日々過ごしてきました。私も当初はそうでしたが、育児も家事も自分で抱え込んでしまう女性が多いのですが、パートナーや実家の助けを借りたり、育児や家事を支援するさまざまなサービスを上手に活用したりしながら、なるべく自分の負荷を軽くしてなんとか乗り切ってほしいと思います。

 ワーキングマザーにとって、柔軟な働き方ができることは非常に重要です。例えば、昼の学校行事に備えて午前中だけ在宅勤務ができたり、子どもの発熱などで早退しなければならない時に残った業務を持ち帰ったりできると、ワーキングマザーならではの時間制約によるハンディキャップを軽減することができます。私自身の経験を振り返ってみても、子育てとの両立に役立ったのは在宅勤務の存在でした。私が勤務する職場では幸いなことに組織全体としてIT環境が整っているため、自宅や外出先でのメールチェックや書類作成・共有などができます。ですから、忙しいときでも、子どもの寝かしつけに間に合うように帰宅し、(残業代は出ませんが)残った業務を子供たちが寝静まってから在宅で行ってきました。