• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「厚塗りファンデ」がお肌を老けさせる

2014年5月28日

肌に負担のないベースメイクのポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 皆さま、こんにちは。愛と情熱のデルマトロジスト、小柳衣吏子です。先週の24日土曜、「WOMAN EXPO TOKYO 2014」のランチョンセミナーにお越しくださった読者の皆さま、ありがとうございました! ともにWell Aging道を極めようという同志と直接お会いできたことで、私の情熱もますます燃え上がっています!

 その際、プレゼンの中でも強調しましたが、お肌の健康と若さを保つために重要なのが「365日24時間のセルフケア」。毎日のケアが、10年後の肌を決めるということですね。

 皆さんが毎日しているセルフケアといえば、洗顔や保湿といったスキンケアを一番に思い浮かべるかもしれませんが、「メイク」もほぼ毎日のお付き合いになっていると思います。

 肌にできるだけ負担のないメイクのポイントについて、今日はお話していきますね。

 結論から申し上げます。

 ズバリ、ファンデーションはできるだけ「薄づき」にしましょう!

 クリニックを訪れる女性で多いのが、シワやシミ、毛穴といった肌トラブルを隠したいがためにファンデーションを厚く塗り重ね、かえって肌トラブルを助長させてしまっている方です。

 ファンデーションは厚く塗るほど、崩れやすくなります。結果、1日に何度も塗り直すことになります。指やパフで何度も肌を触ると、過剰な刺激となって、シミが濃くなったり、皮脂分泌を促進させてしまったりするのです。

 もう、はっきり申し上げます。キレイに見せかけようと「装う・隠す」ために、大事な素肌を傷めるなんて、本末転倒もいいところです!

 メイクは、表情をよりいきいきとさせて気分を明るくしてくれますし、お会いする相手との関係性にもプラスになります。女性にとって心強い味方になるのは事実。

 ただし、やり過ぎはかなり肌の負担になるのです。

 かく言う私も、学生時代はド派手メイクを謳歌していました。しかし、研修医時代の多忙な生活で肌がひどく荒れ、メイクをお休みする期間が数年(!)あったことがきっかけで、「メイクは頑張り過ぎない方が肌が疲れにくい」と実感するに至りましたた。それから私は「薄メイク派」になったのです。

 いえ最近は薄メイクどころではなく、会食や取材などの予定がある“勝負日”以外はほとんど「ノーファンデ族」! 目元・口元のポイントメイクだけで顔を作っております。

 ファンデーションを使う勝負日は、保湿成分がリッチに入ったクリームファンデを薄く伸ばして使います。クリームタイプは伸びが良く、時間が経っても肌がしっとりとしているのがいいですね。

私の愛用メイクアイテム。ドクターベルツやエピステームのクリームファンデ、シャネルのチークなどを使用しています。

 また「肌色を整えるファンデーション」にも注意点があります。赤みや色ムラなど“色”のトラブルのカバーを得意とするファンデーションがありますが、シミ・シワ・毛穴・たるみといった“形”のトラブルをこの手のファンデーションだけで隠そうとすると、余計に目立ってしまう場合も少なくないように思います。ファンデーションで、逆に老け顔になるなんてNo Way!!

 私がいつも患者さんにお伝えしていること。それは「まず、肌の力を底上げするスキンケアや食生活を見直すことを重視して、シミ・シワ・毛穴・たるみが目立たない肌を目指しましょう。その上で、メイクは薄ーくお付き合いしましょう」。

 実際、コストを考えると、予防のためのケアより、トラブルが起きてしまった後のケアのほうが高くつきます。それに、毎日使うファンデーション代だってバカになりませんよねっ。

 ですから、「美容にかけるコスト全体の圧縮」のためにも、「メイクよりもスキンケア」を重視するほうがおすすめなのです。

 中でも、ビタミンCは、シミ・シワ・毛穴・たるみといったエイジング悩みに総合的にパワーを発揮するのでおすすめです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
小柳衣吏子
小栁衣吏子(こやなぎ・えりこ)
アオハルクリニック院長
1972年福岡県生まれ。98年、順天堂大学医学部卒業後、同大学病院勤務などを経て、2011年よりアオハルクリニック院長。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本美容皮膚科学会会員、日本抗加齢医学会専門医。 アオハルクリニックHP:http://www.aohalclinic.jp/ ブログ:http://ameblo.jp/aohal-koyanagi/
関連キーワードから記事を探す
メイクアップスキンケア

Topics

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 4月号

    「忙しい働き女子の片づけ&収納」を大特集。狭いのに広々として見える部屋のルール、お金が貯まるクローゼット整理術など、働き女子884人のスッキリ部屋のヒミツを公開。さらに「ディズニー、Google、コクヨはどこが違うの? 一流・二流・三流の仕事術」を紹介します。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 4月号

    話題の開脚ストレッチができずに、あきらめた。毎日ストレッチをしているけど効果は微妙で、このまま続けていいのかわからない―。そんな悩みを解決しようと、専門家に徹底取材。「現代女性に必要な本物のストレッチ」をご紹介します。

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 1月号

    「日経DUAL」1月号は「パパ四天王の凄い両立テク」と「私たちが働く理由」の2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「子どものしつけは“動物の調教”ではない 」「生稲晃子 乳がんで5回手術、公表せず仕事続ける」「難関中学の入試ってどんな問題が出るの?」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版