• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

万人から好かれる“モテ気”のつくり方

2014年5月26日

File.3 気功の力で運命を変える エナジーカウンセラー 煌さん

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 みなさん、こんにちは! お悩み女子でお馴染みの、たちばなりょうこでございます。このコーナーは数多くの女性たちのお悩みに触れてきたりょうこが、今注目の専門家をゲストにお迎えし、内面から輝く本物の女性になるための様々なメソッドを詳しくお聴きしていく企画です。

エナジーカウンセラー 煌(コウ)さん

 今回も、素敵な専門家の方にご登場いただきました! 古代中国より伝わる気功をもとにした独自の技術で多くの方の人生を好転に導くエナジーカウンセラーの煌(コウ)さんです。

 煌さんは、ご自身が子どものころから抱えてきた生きづらさからうつ病を発症。その後、この病をご自身で克服するため、気功の研究を開始。見事、1カ月でうつ病を克服したというご経験があります。

 そんな気功のスペシャリスト、煌さんによりますと、どうやら気功の知恵と技術で「モテ気」というものを自分で作れるのだそう。その気を自分の身にまとえば、異性はもちろん、同性からもモテてしまうというから驚きです。

 人間やっぱり、周りの人からやっかまれるより、好かれたいじゃないですか! そのとっておきの方法を読者のみなさまにお届けしますので、ぜひともご覧ください!

●美人じゃなくても不思議とモテる! そのワケとは?

りょ:煌さん、このコーナーにご登場いただき、ありがとうございます。いや~煌さんの気功の観点からの興味深いお話、すごく気になります! なんと異性からも同性からも好かれる「モテ気」というものを作れるんですって!? これはかなり画期的なお話です。

 煌さんにお聴きしますが、そもそもこの「モテ気」というのはどういうものなのでしょうか?

煌:はい、「モテ気」とは、異性からモテたり、同性の人たちから好かれる人に共通して見られる「気」のことです。

 実は以前、何人ものクライアントさんから「タイプの人と付き合えない」「モテない」という相談を受けたことがありまして。

 そのとき、「モテる人とモテない人ではどんな違いがあるのだろう?」と気の分析を始めたんですね。すると、容姿が優れてるわけでも、トークが上手なわけでもないのに、なぜかモテている人がいる。しかも、その人たちには共通した特徴があることがわかったんです。

 それは非常に興味深いものでした。

りょ:なんでしょう~共通した特徴! オイロケかしら(安直)? 確かに「え?」っていう感じの人でもすごいモテてたりするので、きっと見た目ではない何かあるんでしょうね。

 で、どんな共通点があったんでしょうか? 煌先生!

煌:はい。モテている人の気の状態を注意深く観察していったところ、みなさん「ピンク色の気」を発していることがわかりました。

りょ:ピ、ピンク色の気ですか! 確かにピンク色って愛らしいというか、心が湧き立つ色ですよね。そういう気をもし相手が持っていたとしたら、自然とその人に近寄りたくなるかも♡ きっと容姿云々じゃなく、人としても、性的にも魅力的なんでしょうね。

煌:そうなんです。モテる人は、特に胸の辺りから「フェロモン」が出ているんですね。このフェロモンというのが、性的にそそるという要素ももちろんありますが、初対面の相手の心を開く好印象の「気」でもあるんです。

 とりたてて美人でもイケメンでもないのに、「なんだか感じのいい人だなぁ」「好きだなぁ」とつい魅かれてしまう人っていますよね? そんな人がこの「モテ気」を持っているんですね!

りょ:なるほど~! いますよね、なぜだか引き込まれてしまう人。えっと、煌先生、念のため伺いますが、まさか私は持ってないですよね(職権乱用)??

煌:りょうこさん、モテ気ありますよ! 相手の心を開くのでインタビュアー、向いてますね。

 このモテ気がある人は、変なところに力が入ってなくて自然体な人が多いんですね。そしてポジティブで人生を楽しんでいる人によく見られます

りょ:なんと、なんと~! いかんせん性的なフェロモンは皆無かと思いますが、犬や猫や赤ちゃんからじーっと見つめられるのはそういうことでしたか(普通の大人から惚れられたい)。

 では、逆にモテない人というのはどういう気を発しているんでしょうか??

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
たちばなりょうこ
たちばなりょうこ(立花良子)
心を描く文筆家(エッセイスト&インタビュアー)。大学卒業後、人材派遣会社の営業、出版社の編集者を経て、2001年に独立。雑誌や書籍、Webなどで執筆。人生ドラマや心模様をよりリアルに、色鮮やかに描くことを得意とし、「幸せに生きるために大切なエッセンス」をその物語に籠めることに力を注ぐ。公式サイトはこちら
関連キーワードから記事を探す
メンタルヘルス

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 9月号

    特集「着ない服から心のイライラ、仕事のムダまで、ぜ~んぶ、スッキリ!『1分で捨てる!新習慣』」。第2特集「貯めてる女子はやっている!お金の裏ワザ130」。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 9月号

    たるみ・脂肪・ゆがみ…“お腹ぽっこり”″の悩みをすべて解消!「朝夜5分で下腹を凹ませる」方法を総力特集♪

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 8月号

    「日経DUAL」8月号は「100年ライフに備える共働き家計」「仲良しセックスレスはいいこと?悪いこと?夫婦のスキンシップ」2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「竹内薫 娘のためにトライリンガル学校を設立」「西原理恵子 妻も夫も『愛してる』って言おうよ」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ