• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ナチュラルなのに目力200%のアイメイク2

2014年5月22日

外丸流!目がぐんと大きく印象的に見えるメイク術

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 こんにちは。読者の方に「メイクに期待すること」を伺うと、ダントツで多いのが「目を大きく見せること」という回答です。たしかに目は顔の印象を大きく左右するパーツなので、少しでも大きく魅力的に見せたいというのも納得です。でも、目が大きく見えても、やり過ぎメイクと思われては台無し。そこでナチュラルなのに、目がぐんと大きく印象的に見えるメイクをレクチャーします。

☆ポイント
○アイシャドウで目元に陰影をつけ、立体感を出すこと
○アイラインとマスカラは目の中央を強めにし、黒目がちに見せること
○ビューラーをかける前にドライヤーで温め、しっかりカールさせること

 「目を大きく見せる」というと、アイラインやマスカラに力を入れる人が多いと思いますが、それだけではバランスの悪い目元になってしまいます。アイラインやマスカラを強くする場合、アイシャドウできちんとまぶたに陰影をつけ、ラインやマスカラに負けない立体感を出しておきましょう。

 目の中央のアイラインを太くし、マスカラも重ね塗りすると黒目が大きく見え、目力がアップします。アイシャドウは目尻にポイントを置くとバランスがよくなり、目全体の印象が強くなりますよ。

 また、まつ毛をしっかり上げると、目がぱっちり開いてみえるので、ビューラーも重要なポイント。まつ毛が上がりにくい、カールが取れやすいという人は、ビューラーをかける前にドライヤーの熱でビューラーを温めると、カールがつきやすくなり、キープ力もアップします。くれぐれもヤケドには注意して行なってくださいね。

ベースメイクが完成した段階

1 淡色アイシャドウでまぶたのくすみを払う
パール入りアイボリーのアイシャドウをまぶた全体にブラシで塗る。塗る範囲はアイホールまでで、眉下までは広げないこと。

2 中間色シャドウでアイホールにくぼみを作る
ブラシにゴールドブラウンの中間色アイシャドウを取り、アイホールに乗せてから、上下にぼかす。アイホールに影を作り、彫りの深い目元に近づける。

中間色を塗り終わったところ

3 締め色シャドウで目の際を埋める
細いブラシに濃いブラウンの締め色シャドウを取る。目尻から目頭に向けてブラシを小刻みに動かし、目の際に細く入れる。目尻から目頭にスーッとブラシを動かさず、小刻みに動かすことで目の際全体に濃くつけられる。

4 ブラウンライナーで目の中央に太めにラインを引く
ナチュラルな印象を残しつつ、目力をアップさせるために黒ではなく、ブラウンのアイライナーを使うこと。ブラウンのアイライナーで目頭から目尻までラインを引く。目の際を埋めるように全体を引いたら、黒目の上だけ重ね描きして、ラインを太くする。

STEP3、4が終わったところ。向かって左目だけメイクをしていますが、いかがでしょう?最初の写真と比べてみて!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

もっと見る

Profile
外丸愛
外丸愛(とまる・あい)
専門学校卒業後、都内ヘアサロンワークを経てフリーのヘアメイクを経験。2005年から現在のヘアメイク事務所である「NU YARD」所属。男性・女性問わず、映画・舞台のヘアメイクを手がける傍ら、『FRaU』『SWITCH』などの雑誌でも数多くの女優・タレントを担当。
関連キーワードから記事を探す
メイクアップ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 7月号

    特集「1000万円貯まる!生活、始めよう」。好きなことにお金を使いつつ、しっかり貯蓄している人と貯められない人の違いとは。プロも実践する500円玉貯金術ほか貯まるワザ満載。第二特集「『0円』で英語が話せる」。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 7月号

    「ほぐす&伸ばす」が若見えの最短ルールだった!「老けないカラダは柔らかさが100%」を大特集。さらに、68ページの特別冊子付録「筋膜リリース完全ガイド」付き。

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 6月号

    「日経DUAL」6月号は「頭が良くなる本選び DUAL決定版100冊」と「ダイバーシティ時代の夫婦の幸せキャリア計画」の2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「初めての塾通い 知っておきたい防犯対策」「ダイアモンド✡ユカイ 無精子症を乗り越えて」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ