• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

今日から作れる!トレンドレシピ

母の日に作りたい! ありがとうレシピ(7/7)

2014年5月7日

寿司から、ローストビーフ、魚料理まで! 母の日レシピ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

クッキー・ペルー版のレシピ

材料(27個分)

練乳缶…14オンス入り
無塩バター(室温)…大11
グラニュー糖…3/4カップ
塩…小1/4
卵…3個
ブランデー又はコニャック…大1
ライムの皮(おろす)…小1
ライムジュース…半個分
バニラエッセンス…小1/2
コーンスターチ…1.5カップ
小麦粉…1.5カップ
ベーキングパウダ…小1/2
粉糖…適量
(注意:アメリカの1カップの容量は、240ml(240cc)となっています)

解説:母の日に愛を捧げるクッキーレシピを見つけました。ペルーの伝統的な「母の日」クッキーです。といっても作るのはやっぱりお母さんだそうです。オレゴン州でレストランを経営するドリス・ロドリゲス・ド・プラットさんのレシピで、”Alfajores”という名前が付いています。キャラメルソースをはさんだサンドイッチ・クッキーです。

作り方

1.大きいソースパンに水を一杯入れて沸騰させる。練乳缶の紙ラベルを取り、缶をよく振ってから、開けずにそのまま湯に入れる。常に缶の上まで湯があるようにして、3時間煮続ける。鍋から取り出して、よく冷ましてから缶を開けると、キャラメルソースの出来上がり。

2.この間に、スタンドミキサーのボウルにバターを入れ、中高速で軽くなるまで混ぜる。砂糖と塩を入れてよく混ぜ、卵を1個ずつ加えていく。ブランデーからバニラエッセンスまでを足して、よく混ぜる。大きいボウルに粉類を振るって入れ、バターの混ぜ物を加えて、よく馴染ませる。カバーをかけて1時間冷蔵庫で寝かす。

3.この生地を3つに分け、一つずつ冷蔵庫から取り出す。オーブンを180℃(華氏350度)に温めておく。コーンスターチを振った平らな表面に、この生地を置く。麺棒で薄く伸ばして、直径6cmくらいのクッキー型で18個抜いていく。これをパーチメントを敷いたベーキングトレイの上に並べる。オーブンで周りが少し色づくまで、12~15分焼く。

4.残りの生地も同様にして焼いたら、クッキーを網の上で完全に冷ます。小さじ2杯くらいのキャラメルソースを半分のクッキーに載せる。残りのクッキーをかぶせてサンドイッチにする。上から粉糖を振りかけて出す。
 おいしく作れますように!

ワンポイントアドバイス

練乳缶をそのまま煮詰めるだけで、「キャラメルソース」ができてしまいますが、3時間煮詰めないといけないので、お時間のあるときに挑戦してみて下さい。尚、焼き時間と温度はオーブンにあわせて調整して下さい。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
グルメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ