• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

天空のパワーを味方に!

2014年4月22日

~旅を楽しむコツ~

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 桜色に染まった街並や色鮮やかな花色に心癒される4月ですが、続いてやってくるゴールデンウィークの連休は、旅行やイベント、パワースポット巡りなど楽しい計画をされている方も多いのではないでしょうか。

 20代の大半を旅行会社という職業の中で過ごした私ですが、旅には物理的な目的や精神的な楽しみや癒しの他にもう1つ「象徴回帰」という意味があるように思います。

 今回のマヤコラムでは、旅を楽しむことと天空の力についてご紹介してみたいと思います。

 ユカタン半島のジャングルのなか、古代の部族はオルメカ、トルテカ、アステカ、そしてマヤと移動や崩壊を繰り返しながら、メソアメリカの文明や時間と歴史を計る複雑な暦の認識法、概念や歴史を築いてきました。マヤ王族とその文明は、力と権力を蓄えながらもせっかく築いた都市を放棄しては次なる聖地を求めて再びジャングルへと戻る、という不思議な史実があります。それはある意味では亜熱帯ジャングルの遊牧民と言えるかもしれません。

 古代における「旅」は、信仰の厚い人が夢にまでみる聖地メッカへと向かう「巡礼の旅」を意味していました。人々は一生懸命働き、メッカに行くためにお金を貯めました。召使いや食料・飲料水を積んだらくだを連れて、1年近くかけてメッカへと砂漠を旅したそうです。そしてメッカへと旅してきた人々は、その証にと自分の家の門にしるしをつけ、巡礼できた喜びと幸せを表現したのだそうです。

 また「遊牧民」は生きるためにたえず砂漠を移動している必要がありました。ずっと旅を続けているのは大変だと思いますよね。彼らに定住の地はありませんでしたが、過去や縛り付けるもの、つなぎとめておくことがないので「自由」という名の幸せを手にしていました。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
弓玉
弓玉(みろく)
日本におけるマヤ占い研究の第一人者。マヤの占術や霊視、波動リーディングのほか、ジーニーの壷占いなど古代から受け継がれる理論を駆使し、恋愛運、金運、仕事運をはじめとする人生全般の悩みに対する答えを導く。有名人、実業家、経営者、作家やデザイナーなど、各界からの人気が高く、信頼も篤い。⇒詳しいプロフィール
関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ