• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

そのお肌、コラーゲン飲んでも治らないかも

2014年4月21日

慢性的な高ストレスによる「副腎疲労」から体と心を守るには

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 最近、髪が抜けやすくなったり、疲れやすかったり、お肌のハリが微妙に感じられて、しわっぽくなって、生理不順気味だったりしませんか? 冬になると必ず風邪をひきませんか? きっと疲れているから、寝不足だから、不規則な生活でホルモンバランスが乱れているから等々と思って、サプリメントやコラーゲンドリンクを飲んでみたり、エステに通ってみたりしてませんか? でも、なぜか、効果が一時的で長続きしない。疲れが抜けない。こんな経験してませんか?

 それ、確かに女性ホルモンが関係しているとは思いますが、本当の原因ではないかもしれませんよ。

 『ホリスティック美女講座』の中で、以前もストレスと副腎皮質ホルモンのコルチゾールとの関係についてお話ししましたが(「その糖分、本当に必要ですか?」)、実はここでも、コルチゾールが大きく関係している可能性があります。

サプリメントやコラーゲンドリンクを飲んでみたり、エステに通ってみたりしても肌あれが治らない、疲れが抜けない…。そんなときは副腎疲労の疑いも。

 副腎は、腎臓のちょっと上の方にあります。私達の生存にとって不可欠な様々なホルモンを生成している大切な臓器です。例えば、こんなホルモンを造ってくれています。

● ストレスに立ち向うコルチゾール

● 性ホルモン(女性ホルモン、男性ホルモン)

● 成長(若返り)に欠かせない甲状腺ホルモン

● 神経伝達物質、アドレナリンなど

 そして、アレルギー等と戦う免疫機能も担っています。

 その中でも副腎は、私達をストレスから守ることを最優先に考えます。そのため、ストレスが長期化すると、性ホルモンや甲状腺ホルモン、神経伝達物質を合成することを抑制して、その分、コルチゾールを造ることに専念し始めてしまいます。それでもストレス環境が続けば、副腎は疲れ果て、疲労し、免疫機能が弱まっていき、最後には、免疫機能不全を起こします。こうなると、いろんな病気にかかりやすくなってしまいます。ストレスが必ずといっていいほど、大きな病気(心疾患、癌、脳梗塞、糖尿病など)の原因として挙げられるのは、このためです。

 慢性的な高ストレス環境にいると、副腎は、女性ホルモンを造るかわりにコルチゾールを造ることを選ぶので、女性ホルモンは当然減少していきます。なので、まだ更年期でもないのに、更年期のような症状が現れるようになってしまうんです。不眠、抜け毛、肌の乾燥、シミ、しわ、目の下の黒ずみ、顔全体が老けて見えるなど、単なる寝不足で起こっているのではないのです。

 それだけでなく、生理痛や生理不順、果ては不妊の原因にもなります。

 こうした副腎の疲労によって起こる女性ホルモンの減少は、アンチエイジングの化粧水やエステに行ったり、サプリを飲んだところで回復しませんよ。それに副腎は、女性ホルモンだけでなく、甲状腺ホルモンも造らなくなってしまうので、甲状腺機能が低下して、私達の皮膚や骨の再生がままならなくなり、老化が加速されていきます。60歳以上の女性に多い症状が30代や40代で起きてしまうんです。

 更に、神経伝達物質も造らなくなるので、イライラしたり、ちょっとしたことに困惑するようになったり、外部環境からの刺激に対して巧く対処することが困難にもなります。「いっぱい、いっぱい」になりやすくなります。そのこと自体が、更にストレスとなり悪循環を生んでいきます。

 上の症状の他に、最近、こんな症状はありませんか?

1.筋肉痛がある、体の節々が痛い

2.疲れが抜けにくく朝起きるのが辛い

3.低血圧だ

4.しょっぱいもの、あるいは、甘い物がむしょうに食べたくなる

5.立ちくらみ、めまいが起こる

6.眠りが浅い

7.元気がない

8.目がかすむ

9.アレルギーがひどくなった

など。

 副腎疲労の初期あるいは中期かもしれません。免疫機能不全を起こしてしまう前に、一度、医療機関で検査していただいてくださいね。

 そして、定期的にストレスを解消する工夫をしてみてください。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
森智世
森智世(もりちせ)
米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ
国際ヘルスコーチ協会 登録ヘルスコーチ、経営学修士(MBA)、女子栄養大学食生活指導士、厚生労働省スマートライフ・プロジェクトメンバー、目黒区男女平等・共同参画審議会委員。大手證券会社投資銀行、金融経済研究所、世界4大総合プロフェッショナルファームのディレクターとして企業戦略・財務、買収に携わり、書籍出版、大学講師、政府協議会委員等を経て、家族の健康問題を機に、NYCの世界最大ホリスティック栄養学専門学校にてホリスティック・ヘルスコーチ資格取得。海外生活は米国、ドイツ、エストニア共和国にて15年以上に及ぶ。現在は東京。趣味はフルート演奏、料理とヨガ。初回コンサルテーション(初回診断)を無料でご提供しています。またフェイスブックでフォローアップ情報を提供しています。
ホームページブログFacebookページ
関連キーワードから記事を探す
カラダの悩み・病気健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 12月号

    特集:「部屋を片づけると勝手にお金が貯まる!7つの理由」大公開!年100万円貯めてる人の財布・冷蔵庫・クローゼット 特別付録:書くだけで貯め上手になる!マネー手帳 2018上半期

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 12月号

    特集 ご飯OK!油OK!賢く食べて体脂肪オフ 「ラクにやせる 糖質・脂質 とり方の正解!」リバウント知らず、一生太らない!

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 11月号

    「日経DUAL」11月号は「地頭がいい子を育てる暮らし方」「DUAL独自調査!家事代行サービスランキング」2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「中田敦彦 ユーチューバーの活躍に危機感があるから」「魔裟斗 最初は子どもなんて欲しくなかった」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ