• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

カーリングのあの石は何だ?

2014年2月20日

知ればおもしろくなる! オリンピックの楽しみ方【カーリング】

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 さあソチオリンピック。昨夜は女子フィギュアのショートプログラムもあり、おかげさまで寝不足です、という人も多いのではないでしょうか。そんな花形競技には目もくれず、そして、競技日程も残り少なくなった今頃になってではありますが、今回はカーリングを紹介したいと思います。そうなんです。残念なことに、日本女子代表はスウェーデンに敗れ1次リーグ敗退。巡決勝進出を逃してしまいました。

 しかし、しかしですよ。日本が負けたからといって、カーリングを避けて通ることはできません。だって、カーリングって気になる競技じゃないですか。丸っこい石を、氷の上にスーッとすべらせて、ブラシでゴシゴシするとは、実にシュールな光景。ブラシをこする人は、とにかく一心不乱。あの、親が適当に買ってきたっぽいジャージのサイズ感が、いっそうお掃除テイストを高めてしまっています。

 そんなカーリング。テレビを観ていると必ず「氷上のチェスです」とサラッと紹介されるんですが、そこにまず同意しかねるんですよね。「あのお馴染みの」「だれもが知っている」前提のチェスの例えって、いったいどうなんでしょう。しかも「氷上の」というちょっと場違いな形容詞。もっとこう「盤上でやるチェスとは違って、全身運動なんだよ」感が伝わる、そういうキャッチコピーはなかったのでしょうか。とにかく、この違和感たっぷりの異名のおかげで、よけいに混乱。どうしても拭い去れない、B級スポーツ感が漂ってしまっています。

<ポカーンとなりやすいポイント1>
「あの石は何だ!」

 しかし、カーリングはシンプルな競技。まずはあの「とってが付いた石」について、解説しておきたいと思います。墓石のような光沢を放つツヤツヤの石。あれは専門用語で「ストーン」と呼ばれています。日本語に訳すと「石」。もちろん、単なる石じゃなくてけっこうな貴重品です。世界で一カ所でしか採取できない花崗岩(かこうがん)。重さはひとつ20kgくらいです。

 花崗岩は、御影石とも呼ばれるのですが、強度と滑りやすさが求められるカーリング用ストーンは、スコットランドにあるアルサクレッグ島で採れる花崗岩のみを使用したという厳選素材。普通の花崗岩だと、競技中に割れちゃうんだそうです。そして、資源保護の観点から、採石は20年に一度しか行えないとか。確かに、採りすぎてなくなったらもうカーリングができなくなっちゃいますね。カーリングが絶滅危惧種だったとは予想外でした。

 気になるストーンのお値段は、1個10万円くらい。カーリングは、リード、セカンド、サード、スキップの4名が、それぞれ2回ずつストーンを投げると1エンド。10エンドの合計得点を競います。1チームにつき8個のストーンを使うため、2チームで合計16個のストーンが必要となるのです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
廣川淳哉
廣川淳哉(ひろかわ・じゅんや)
編集者。雑誌「日経デザイン」「ブルータス」「Pen」や日産自動車のウェブマガジン、企業の会社案内などを編集したり、原稿を書いたりしています。
過去には、社員食堂やゲーム関する連載をしてみたり、「iPad」のガイドブックを作ってみたり、白金に1ヶ月間限定のショップをオープンしたことも。
2010年には、JAXAと共同開発したウェブアプリケーション「MOONBELL」が平成21年度文化庁メディア芸術祭アート部門/WEBで審査委員会推薦作品に。 フットサルチームの監督をやっています。
関連キーワードから記事を探す
エンタメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ