こんにちは。早いもので新しい年も2週目に入りました。みなさん、今年もよろしくお願いいたします。新年1回目は、カラーアナリストの方に伺ったお話をもとに、今年一年の幸運を呼び込む「招福メイク」をご紹介します。好感度もばっちりなので、さっそく毎日のメイク取り入れて、ラッキーな一年を過ごしましょう!

★2014年のラッキーカラーは澄んだ水の色

 数秘術と呼ばれる古代ギリシャからの占いを使って今年の色をみると、2014年のラッキーカラーは「ターコイズ」です。

 2013年の色は「マゼンタ」(紅紫色)でした。これは終わりの色。ターコイズはその次に続く色で、終わりと始まりの間の浄化期間を象徴する色。そのため、「浄化」がキーワードとなり、水やガラスなどの透明で透き通ったものも幸運を呼ぶと考えられます。キラキラと輝くもの、透明感といったイメージも、広い意味で2014年のラッキーカラーに含まれます。

ラッキーカラーについて教えてくれた人
川邉翔子
カラーアナリスト
川邉翔子さん
東京・自由が丘にて、虹のしずくRカラーセラピストの養成講座を開講。パーソナルカラー診断、メイクセラピーなど、色と癒しのワークショップを行っている。全国への出張も行う。文部科学省認定色彩コーディネーター、A.F.T色彩会員、スタイルカラージャパン認定イメージコンサルタントなど。http://ss-color.com/

★透明感やツヤがラッキーメイクのカギ!!

 川邉さんのお話をもとに、2014年のラッキーメイクを考えました。働き女子が職場にしていくことを考えて、色よりも質感を重視したメイクにしました。幸運のカギになるという透明感やツヤをベースメイクの段階で仕込み、内側から発光しているような肌をつくります。ポイントメイクは強い色を使わずにソフトな印象に仕上げ、肌の透明感を損なわないようにしましょう。

Before
[画像のタップで拡大表示]
ベースメイク完成
[画像のタップで拡大表示]

☆幸運を招くベースメイクのポイントは…

 透明感のある肌をつくるベースメイクのポイントは、くすみや色ムラをカバーすることと、ツヤや輝きをファンデーションの時点で仕込むこと

 くすみや色ムラは下地の時点で整えましょう。パール入りの下地は、光の反射でくすみをカバーしてくれます。肌の赤みが気になる人は、パープルかブルー系のコントロールカラーを使うと目立たなくなりますよ。

 ファンデーションはリキッドまたはクリームタイプで、ツヤのあるものをセレクト。ツヤがあると、肌が明るく見えますよ。ファンデーションにパール入りルースパウダーを少量混ぜてから塗ると、上品な輝きをプラスできます。クマやシミなどはコンシーラーでカバーしておきましょう。

 ファンデーションを塗り、軽くお粉で押さえたら、ハイライトで仕上げます。額と鼻筋にパウダーのハイライトをブラシで入れます。さらに、あご、眉の上、頬骨の上など、顔の高い部分に、微細なパール入りハイライトを小さいブラシで入れましょう。狙った部分にピンポイントで入れるのがポイントです。

メイク完成!
[画像のタップで拡大表示]

☆幸運を招くポイントメイクのポイントは…

 透明感のあるツヤ肌と好相性なポイントメイクは、肌になじむ色を使ったやわらかい雰囲気のポイントメイク。

 眉は眉マスカラでトーンアップしてからアイブローパウダーで描き、ふんわりした眉に仕上げます。

 アイシャドウはピンクベージュやゴールドブラウンなど肌に近い色で、まぶたにパール感を与えましょう。あえて締め色は使わず、アイラインもまつ毛の生え際を埋めるだけにして、明るい目元を演出します。

[画像のタップで拡大表示]
[画像のタップで拡大表示]

 リップメイクはヌーディな口紅を丁寧に輪郭通りに塗り、軽くグロスを塗ります。ツヤのある健康的な口元に。

[画像のタップで拡大表示]
After
[画像のタップで拡大表示]