• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

今年の困った人間関係、今年のうちに整理!

2013年12月12日

依存や無視など、あなたを苦しめる人への具体的な対処法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 こんにちは、マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。

 2013年もいよいよ師走に入り、また新しい一年が始まります。

 来年を幸せな一年にするためにも、今年の困った人間関係は今年のうちに整理しておきたいものですよね。

 こちらの連載でも繰り返しお伝えさせて頂いていますが、今回はより具体的に、あなたを困らせる「依存的な人」「感情的な人」「嫌がらせをする人」への対処方法をお伝えしていきます。

 今年一年、人間関係で困ったことがあった方は、来年こそ、行動パターンを変えて幸せな一年にしていきましょう。

◎依存的で、あなたの足を引っ張ろうとする人に対して

 いつもあなたにいろんなことを頼んでくる人。

 そして、あなたの了解をとらずに、あなたに頼むことが当然になっている人。

 心優しい「良い人」ほど、こういった依存的な人がいた場合、相手の言いなりになってしまいがちです。

 そうなってしまう理由は、あなた自身が断ったときに抱えてしまう「罪悪感に負けてしまう」という恐怖です。

 人は、罪悪感が出てくると、それを感じることを避ける行動をします。

 例えば、何かを頼まれた。
  ↓
 引き受けたくないので断る。
  ↓
 相手がつらそうに見せたり、泣きそうになる。
  ↓
 それを見て申し訳ないと感じるが、でも断ろうとする。
  ↓
 相手がもっと感情に訴えてくる。
  ↓
 罪悪感に負けてしまう。

……という流れになっています。

 依存的な人は、「どうしたら相手が受け入れてくれるだろう?」ということを繰り返し、感覚的によく知っていますし、また、他人を罪悪感でコントロールすることに慣れています。

 だからこそ、悲しんだり苦しんだりしている姿を見せ、「あなたはこんな私を放っておくの?」というように上手に訴えかけて、目的を達成するというコミュニケーションをしています。

 こうした場合は、ただ断るのではなく、自分に罪悪感が出てこないように接してみましょう。

 「ごめんね、私は応援するしかできなくて」「ごめんね、これしかしてあげられなくて」というように、本当に申し訳ないという気持ちを表現しながら、あなた自身がしてあげられる範囲を提示してあげましょう。

 あなたが相手に対して罪悪感を感じていることも本当です。

 同時に、あなた自身が相手のことにばかりかまっている時間もありません。

 ですので、その両方の気持ちをはっきりと「謝罪」と「制限」として表現してあげてください。

 そして、できることならば「私は○○なら手伝える」「私は○○ならしてあげることができる」と、「可能な範囲」も教えてあげましょう。

 こうすることで、相手に対する「できないけれど申し訳ない」という謝罪の気持ちを示しながら、あなたの出来る範囲を提示するため、罪悪感を感じないようにすることができます。

 人間関係のできあがっていく基本は「許可」です。

 どんなに相手が何かを言ったとしても、あなたがきちんとあなた自身のテリトリーを守ることができれば、誰もあなたの人生を邪魔することはできません。他人にはその権利がないからです。

 また、もしもここで、さらにあなたのテリトリーを守らずに一方的に押しつけてきたり、あるいは文句を言ってやらせようとする、泣いたり怒ったりしながらあなたを動かそうとする場合は、その人はあなたのことを尊重していない人、ということになります。あなたのことを大切に思っていたとしたら、あなたの気持ちを無視することができないからです。

 その場合は、その相手から離れたり、距離を置く、相手にきちんと拒絶するなどをして、あなた自身を守りましょう。

 多くの人が、罪悪感を持ってしまうと、「渋々やってしまう」ということが起き、望まない関係性を続けてしまいます。

 ですので、頼まれた時点で、一度踏みとどまって、事実をきちんと把握していきましょう。

☆ポイント☆
相手への配慮をしつつ、テリトリーを守りながら自分の出来ることを提示する


☆会話☆
「ごめんなさい」「○○はできない」「○○はできる」

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
斎藤芳乃
斎藤芳乃(さいとう・よしの)
マリアージュカウンセラー。女性の恋愛・結婚の問題を解決する心の花嫁学校マリアージュスクール主宰。「自尊心」の大切さを訴え、女性の不幸の根本的な原因を解放し、潜在意識を使って現実を変化させる心の専門家として活躍中。これまでに延べ2000人以上の女性の恋愛・結婚にまつわる悩みを解決した実績を持つ。公式サイト⇒こちら
関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 11月号

    特集:1年後、私が劇的に変わる!「すごい手帳のコツ300」【特別付録】その1:アフタヌーンティーコラボ オリジナル万年筆 /その2:冊子『まんがで分かる!お金がどんどん増えるルール』」

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 11月号

    特集 ゆがみ解決!たるみも消える!10日間体幹リセットで美姿勢!腹ペタ!別冊付録 脱・むくみ体質 リンパ流しバイブル」

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 10月号

    「日経DUAL」10月号は「ウチの子にぴったりな進路はどれ? 受験&進学総覧」「企業で人生成功させる必須6条件」2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「不妊治療 顕微授精では精子の質的低下を補えない」「伝説のコーヒー店『カフェ・バッハ』女店主が作る子ども向けおやつ」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ