• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

思い込みを変えて愛される人間関係の心理学

2013年12月5日

積極的に自分の良いところにフォーカスする習慣を持とう

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。

 私たちの思い込みと、私たちの人間関係は、密接に関わり合っています。

 例えば、「どうせ私なんて愛されない」と思い込んでいると、さらに不幸を招いてしまうことがありますが、これは「愛されない」という思い込みが、その人の態度・言葉を作り、その在り方に応じた人間関係が構築されていくためです。

 今回は、自分自身の思い込みを変えていくことで、愛される人間関係を築く方法についてお伝えしていきたいと思います。

ステップ1■まずは思い込みと人間関係の関係性を理解する

 周囲と良好な人間関係を築いていくために、まず最初に大切になるのは、『「あなた自身が思っている自分」と「他人が見ているあなた」は違う』ということへの正しい理解です。

 私たちが普段、他人について何かを考えるとき、無意識のうちに「自分の思い込み」に当てはめて判断をしています。

 例えば、「上司が自分から目をそらしながら咳払いをした」という出来事があったとします。

 普段から「私は自分に自信がない、他人は私を嫌うに違いない」と思っているAさんは、「上司はやっぱり私のことが嫌いで、私のことをわずらわしく思っていて…・…だから今も私から目をそらしながら威圧したんだわ」というように考えてしまいます。

 一方で、普段から「私は私が好きだし、人と対等な関わりを持っていい」と思えているBさんの場合、「あれ? どうしたんだろう風邪かな? なんだか気まずそうにしているけれど……体調が悪そうだし、声をかけてみようかな」というように考えます。

 その結果、前者のAさんは、目線をできるだけ合わせないように、怯えながら上司から逃げるように、なるべく関わらないように職場からサッと帰宅します。

 後者のBさんは、すぐに上司のところにいって、「課長、風邪ですか? なんだか調子悪そうですよ」と声をかけます。また、たまたまのど飴を持っていたとしたら、「よかったら食べてくださいね」と差し出すでしょう。

 後日、上司はAさんに対して、事務的に挨拶をしました。Aさんは、上司から見れば、自分が咳をしたことで、嫌そうに自分から顔を背けて、さっさと職場からいなくなってしまったからです。

 しかし、Bさんに対しては、「Bさん、先日はありがとう。助かったよ。」と笑顔で声をかけました。Bさんも「良かったですね!」とにこにこしながら上司が回復したことを喜びました。

 けれど、Aさんはそれを見ていて、「やっぱり私だけ大切にされない……私は評価されない人間なんだ」という思いを改めて強くしました。

 ここで最初に起きた出来事は、AさんとBさん共に、全く同じです。

 けれども、この例のように、人は思い込みによって、同じ出来事からもまったく違う行動をし、まったく違う結果に至ってしまうのです。

ステップ2■自分が変わると相手が変わる

 ここで、ステップ1について、種明かしをしたいと思います。

 実は、ステップ1に出てくるAさんとBさんは同一人物なんですね。

 自分の思い込みを変えた結果、どのように上司に接することができるようになったのかをご紹介した、ある相談者の方のビフォアアフターのお話でした。

 この相談者の方は、これまで自分のことを卑屈に思い込んでいました。

 そして、世界のすべてが敵で、私を馬鹿にすると思い込んでいたんですね。

 だからこそ、Aのような態度をとってしまっていました。

 その結果、上司とはうまくいかないし、他の人ばかりが褒められているように感じるし、さらに自信を失って萎縮していました。

 けれども、自分の中で自分が「勝手に他人は私を嫌うものだと思い込んでいる」ということに気づき、その思い込みを元に「自分が他人を敬遠する行動をとっていたかも知れない」ということに気づくことができました。

 そして、「他人は私がこれまで思っていたほど、自分のことを嫌っていないかも知れない」という可能性に気づいたとき、他人の行動と自分の行動を分けて考えられるようになりました。

 それが「上司に自分から声をかけ、アメをあげる」という行動につながったのです。

 このように、私たちは、自分の思い込みを元に、勝手に相手のことを見てしまっているんですね。

 だからこそ、この思い込みを調整してあげるだけで、自分の態度が変わり、その変わった態度に引っ張られるように、他人の態度も変わり、人間関係が劇的に変わっていくのです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
斎藤芳乃
斎藤芳乃(さいとう・よしの)
マリアージュカウンセラー。女性の恋愛・結婚の問題を解決する心の花嫁学校マリアージュスクール主宰。「自尊心」の大切さを訴え、女性の不幸の根本的な原因を解放し、潜在意識を使って現実を変化させる心の専門家として活躍中。これまでに延べ2000人以上の女性の恋愛・結婚にまつわる悩みを解決した実績を持つ。公式サイト⇒こちら
関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 11月号

    特集:1年後、私が劇的に変わる!「すごい手帳のコツ300」【特別付録】その1:アフタヌーンティーコラボ オリジナル万年筆 /その2:冊子『まんがで分かる!お金がどんどん増えるルール』」

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 11月号

    特集 ゆがみ解決!たるみも消える!10日間体幹リセットで美姿勢!腹ペタ!別冊付録 脱・むくみ体質 リンパ流しバイブル」

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 10月号

    「日経DUAL」10月号は「ウチの子にぴったりな進路はどれ? 受験&進学総覧」「企業で人生成功させる必須6条件」2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「不妊治療 顕微授精では精子の質的低下を補えない」「伝説のコーヒー店『カフェ・バッハ』女店主が作る子ども向けおやつ」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ