• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「無人島に持って行くものリスト」を考える

2013年12月1日

山本文緒著『なぎさ』/尾崎英子著『小さいおじさん』

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 子供の頃、無人島に行ったら持っていくものリストというのを作ったことがあります。食料、衣類はもちろん、愛用する抱き枕、本、写真、当時携帯電話はありませんでしたが、今なら持ち物リストに入ってきたでしょう。一枚の紙にぎっしり書いたところで「こんな荷物、一人では絶対持ちきれない」と気づきました。

 こうした妄想はくだらないけど、実はけっこう深い。自分の深層心理を知ることができるからです。

 本当に必要なものは何か。なぜそれが必要なのか。無人島でひとり耐えられるのか。普段考えないことを想像し、自分の心をじっくりと観察するのです。ほかにいきなり大金が入ったら何に使うか? まもなく死んでしまうとしたら? などシチュエーションは様々。

 自分を観察するのに、読書は有効です。

山本文緒著『なぎさ』(角川書店)。

 著者15年ぶりの新作長編小説は、海辺の町で暮らす夫婦が出てきます。同窓生夫婦のもとへ転がり込んできた妻の妹の誘いで姉妹はカフェを始めることになりますが……。

 わたしも二人姉妹の姉で、妹とは仲良くやっています。この小説の姉妹は以前仲違いしていたらしく、物語が進むにつれ、その理由が明かされていきます。姉妹の性格の違いは「あーわかる、こういう感じあるな」と実にリアル。小説は姉、夫の部下、カフェのオーナーの視点から夫婦と妹、周囲の人間が記されていきます。物語を正面からではなく、登場人物たちが少し斜めから人間関係を捉えて描くことで、人の思いがけない姿や本音が浮かび上がってきます。

 しかしこの小説のすごさは、違うところにあります。悩みはつきることなく、問題は解決しない日常が続くことを、まっすぐにつきつけてくるところです。

 姉はあるものを「荷物」にたとえ、妹に対し、その「荷物」のせいで私達はつながれないかもしれない、と言い、こう続けます。

 「でもその重い荷物を一緒に持つのは私だから。それは動かしようがないことだから」

 思い出は良いものだけでなく、悪いものもある。生きることは、良い時ばかりを過ごすことではなく、むしろ悪い時をどうやり過ごすかが大切なのではないか。

 そんなことを考えていました。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
中江 有里
中江 有里
1973年大阪生まれ。89年芸能界デビュー。 2002年「納豆ウドン」で第23回BKラジオドラマ脚本懸賞最高賞受賞。 NHK-BS「週刊ブックレビュー」で長年、司会を務めた。 近著に「ホンのひととき 終わらない読書」(毎日新聞社)。 現在、NHK「ひるまえほっと」‘中江有里のブックレビュー’に出演、 関西テレビ「スーパーニュースアンカー」、フジテレビ系「とくダネ!」にコメンテーターとして出演中。新聞や雑誌に読書エッセイを連載中。書評も多く手がける
関連キーワードから記事を探す
エンタメ暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ