• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日焼け止めを塗っても焼けるのはナゼ?

2013年8月8日

美のプロが実践する「正しい」日焼け防止策

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 こんにちは。メイクアップアーチストの外丸です。毎日暑い日が続いていますね。日焼け止めをきちんと塗っているのに、気づいたら日焼けしている…という人も多いのでは? 日焼け止めを塗っても日焼けするのには、日焼け止めの塗り方などに落とし穴があることがあります。そこで今回は、私も実践している「正しい」日焼け防止策をご紹介します。

ポイント!
★曇っていても紫外線は降り注いでいます。毎日紫外線対策を!
★日焼け止めはたっぷり厚めに塗ること
★日焼け止めだけでなく、日傘やサングラスも併用すること
★腕の内側、首の後ろ、耳などは、塗り忘れに注意を
★赤くなるほど日焼けしたときは、とにかく冷やすこと!

●曇りだからと油断は禁物! 日焼け止めは毎日塗って
晴れている日はしっかり日焼け止めを塗っていても、曇りだと「まぁ、いいか」と塗らない人はいませんか? 紫外線の量は晴天でも曇っていてもあまり変わらないそう。気づくと肌色が暗くなった、うっすらとシミができてきた…という人は、毎日日焼け止めを塗る習慣をつけましょう。

●日焼け止めは薄く塗っても効果なし! 塗り直しも忘れずに
 ベタついたり白っぽくなるのがイヤだからと、日焼け止めを少量だけ薄く塗っている人も多いようです。でも、残念ながら、日焼け止めはたっぷり厚めに塗らないと、十分な防御効果が得られません。焼けやすい腕などは、手のひらで伸ばしてから塗るのではなく、容器から直接、日焼け止めを多めに出して、塗りムラができないように広げると◎。

 厚めに塗るのがポイントと言っても、顔に日焼け止めを多量に塗ると、メイクがヨレて崩れやすくなってしまいます。それを回避するためには、顔全体にたっぷり塗るのではなく、焼けやすい部分に重ね塗りをするのがコツです。顔全体に日焼け止めを塗ったら、Tゾーンや頬骨の上に重ね塗りを。すでにシミがある場所=日焼けしやすい場所と言えるので、そこにも重ね塗りをしておきましょう。

 朝、しっかり日焼け止めを塗っても、その効果は時間とともに薄れていきます。内勤でも、まだ陽があるうちに退社するという人は、会社を出る前に塗り直しを。営業職などで日中に外出することが多い人は、お昼休みにも塗り直しすることをおすすめします。

 メイクをしていて塗り直しが難しい顔は、メイクの上から使えるUVカットスプレーやパウダーなどを活用して。メイク崩れがひどいときは、崩れたところをティッシュで押さえてから日焼け止めを塗り直し、ファンデーションを重ねましょう。

●日差しを遮るグッズも活用して、万全の対策を
 日焼け止めだけで紫外線を完全に防ぐのは難しいもの。日傘は使っている人も多いですが、紫外線防御効果の高いものを選び、曇っているときもさしましょう。UVカットのサングラスもぜひ日常的に使って欲しいグッズです。紫外線による目のダメージを防ぐのはもちろん、肌の日焼けを防ぐためです。というのは、角膜が紫外線を吸収すると、脳がメラニン色素を作れと指令を出すため、肌は直接日光を浴びていなくても日焼けするといわれているからです。サングラスをかけると、焼けやすい頬の高い部分もカバーできますので、おすすめです。

●腕の内側やデコルテ、足の甲…塗り忘れに注意して
 体の表側はしっかり日焼け止めを塗っていても、内側は適当に伸ばすだけとなりがちですが、あらゆる角度から紫外線は当たっています。腕の内側や膝の裏、足の甲、首の後ろなどは、塗り忘れてしまいがちなところなので気をつけて。細かい部分ですが、耳も紫外線が当たりやすいので、顔のついでに塗りましょう。あごの下も地面からの照り返しで焼けるので、顔から首、デコルテまでひと続きで塗るのをおすすめします。

●日焼けしてしまった…まずはしっかり冷やして保湿を
 肌が赤くなったり、ヒリヒリほてったりするくらい日に焼けてしまったときは、やけどしているのと同じ状態。ほてりが鎮まるまで冷水で絞ったタオルや、ハンカチに包んだ保冷剤などでとにかく冷やしましょう。ほてりが収まってきたら、刺激の少ない化粧水でたっぷり水分を与えて。刺激に敏感になっている状態なので、パックや美白ケアなどを行うのは、赤みやほてりが落ち着いてからに。

☆外丸さん愛用の日焼け対策コスメはこちら!

クリニーク ラボラトリーズ
SPF50 フェース クリーム 50g 3675円。
SPF50 ボディ クリーム 150g 3360円。
「どちらもSPF50/PA+++と紫外線防御効果が高いのに、伸びがよくて軽やかな使い心地なので気に入っています」。問い合わせ先:TEL03-5251-3541 商品の詳細はこちら
Dr.ハウシュカ
アフター サンローション 100ml 3150円

「塗ると肌がひんやりとして、鎮静されているのを感じます。保水効果の高い植物由来成分が配合されているので、水分をたっぷり補給したい日焼け後にぴったりです」。問い合わせ先:グッドホープ総研 TEL03-5740-6431 商品の詳細はこちら

文=石河美穂子 撮影=鈴木希代江 モデル=松川 逸

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    10万6千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
外丸愛
外丸愛(とまる・あい)
専門学校卒業後、都内ヘアサロンワークを経てフリーのヘアメイクを経験。2005年から現在のヘアメイク事務所である「NU YARD」所属。男性・女性問わず、映画・舞台のヘアメイクを手がける傍ら、『FRaU』『SWITCH』などの雑誌でも数多くの女優・タレントを担当。
関連キーワードから記事を探す
スキンケア

Topics

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 4月号

    「忙しい働き女子の片づけ&収納」を大特集。狭いのに広々として見える部屋のルール、お金が貯まるクローゼット整理術など、働き女子884人のスッキリ部屋のヒミツを公開。さらに「ディズニー、Google、コクヨはどこが違うの? 一流・二流・三流の仕事術」を紹介します。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 4月号

    話題の開脚ストレッチができずに、あきらめた。毎日ストレッチをしているけど効果は微妙で、このまま続けていいのかわからない―。そんな悩みを解決しようと、専門家に徹底取材。「現代女性に必要な本物のストレッチ」をご紹介します。

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 1月号

    「日経DUAL」1月号は「パパ四天王の凄い両立テク」と「私たちが働く理由」の2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「子どものしつけは“動物の調教”ではない 」「生稲晃子 乳がんで5回手術、公表せず仕事続ける」「難関中学の入試ってどんな問題が出るの?」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版