• ビジネス
  • xTECH
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

仕事が早くなるエクセル術

エクセルの「コピペ」を極めよう

2013年5月14日

意外と難しい切り貼りと作り替えもこれでOK!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 シートの編集で多用するのがコピーと貼り付け。これを繰り返すことで複雑な表でもコツコツ作れるのがエクセルの魅力です。でも、単純なコピー/貼り付け以外に、もっと高度な応用ワザがあるのをご存じでしょうか。

 それが役立つのは図1のような、計算結果だけを抜き出して別表にまとめたり、行と列を入れ替えて表を作り直したりしたい、といったケースです。

意外と難しい切り貼り&作り替え
図1 SUM関数式を使って各地区の数値を合計(上図)。ここから地区名と合計結果だけを抜き出して別表にしたい。できれば行と列を入れ替えて……制限時間1分で、あなたはできるだろうか。

 まずは計算結果だけをコピーする方法から見ていきましょう。

 数式が入ったセルをコピーして普通に貼り付けた場合、貼り付け先に計算対象のセルがないとエラーになってしまいます(図2、図3)。元表を丸ごとコピーした場合は問題ありませんが、合計欄だけコピーするとこのトラブルに遭います。

書式ごとコピーしてから「値のみ」コピー
図2 まずは地区名と合計結果のみ、書式を含めて普通にコピーする方法から。地区名をコピーして別シートに貼り付け、合計結果も普通にコピーする(1、2)。
図3 別シートでは先に地区名を「貼り付け」してある。合計結果も同様に「貼り付け」する(1、2)。数式中の参照セルがないためエラー表示となるが、それでよい。なお、エクセル2007以降の「コピー」「貼り付け」ボタンは、「ホーム」タブにある。

 だからと言って、元表の数値を見ながら手作業で入力なんてのはナンセンスです。こんなときは値の貼り付け機能を利用します(図4、図5)。貼り付け時に「値」を選ぶと、数式ではなく計算結果の数値そのものを貼り付けることができます。

 なお、この貼り付け方では書式が無視されるので、事前に図3下のように書式(色など)も含めて合計欄を貼り付けておく必要があります。

図4 元の表に戻って合計結果の数値だけを再びコピーする(1、2)。
図5 別シートの合計欄を選択して(1)、「貼り付け」ボタンの▼メニューから「値」(2007以降は「値の貼り付け」)を選ぶ(2、3)。これで式ではなく、計算結果が貼り付けられる。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
PC・スマホ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 3月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 3月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 2月号

まんが 一生お金に困らない!お金がどんどん増える本

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ